【天晴爛漫!】アニメ第1話感想・ネタバレまとめ!〜晴れ、ときどき小雨〜

天晴爛漫
出典:オリジナルアニメ「天晴爛漫!」公式サイト

皆さんこんにちは!
今回4月10日より放送を開始した『天晴爛漫』の第1話の感想・ネタバレをしていきます!
まだご覧になっていない方は閲覧にご注意くださいね。

こちらの作品は原作がなく、P.A.WORKS制作によるオリジナルアニメとなっています。

【天晴爛漫】アニメ第1話のあらすじ

ときは明治、空乃屋の次男坊で天才エンジニア・空乃天晴(そらの あっぱれ)は、キテレツなものを作り出しては実験と称して破天荒な振る舞いを繰り返し、上級役人の怒りをかってしまいお手から逃れるため自作の船で旅に出ることに。

天晴のお目付役を命じられた一色小雨(いっしき こさめ)は天晴のもとに向かうが、ある事故によって、二人は日本からアメリカへ漂流してしまう。

日本へ帰るために二人が選んだのは賞金のかかった『アメリカ大陸横断ワイルドレース』。はたして二人はこの過酷なレースを勝ち抜き、故郷へと帰ることができるのか!?

【天晴爛漫】アニメ第1話のネタバレ

ここからは第1話のネタバレになります。

賞金をかけたレース

レースが始まる!

レースが始まる!

出典:TVアニメ『天晴爛漫!』公式サイト

舞台はアメリカ、大きな歓声と共にアナウンスが流れます。

これから開催されるのは、賞金1万ドルをかけた、その名も『アメリカ大陸横断ワイルドレース』
レース内容は、ロサンゼルスから大陸を横断し、最も早くNYにたどり着いたものが勝利するというもの。

数ある参加者の中に天晴と小雨の姿がありました。もうじきレースが開催されるというのに天晴は未だに自作蒸気自動車の整備をしています。小雨が焦る中、天晴は最終調整だと言って小雨に黙るよう言います。

小雨が自動車に乗り込むとそこにはもう一人ホトトという男の子がいました。経緯は今のところ不明ですが同じチームのようですね。ホトトは焦る小雨に対しもう少し落ち着くように言いますが、子供は黙っていろと言われてしまいます。

レースが開始され次々と参加者が走っていく中、天晴のチームは一足遅れてスタートします。
天晴は限界までぶっ飛ばすぞ!と言ってほかの参加者との距離を詰めていきます。

お目付け役

お目付け役

お目付け役

出典:TVアニメ『天晴爛漫!』公式サイト

時は1年前へとさかのぼります。

道場で稽古をしていた小雨は上級役人である黒田に呼び出され、天晴のお目付け役になるよう命じられます。何かあれば小雨も連帯責任となるためしっかり監督するように念押しされます。

その頃天晴は、黒田に重罪人の牢に入れられていました。罪人が天晴に、ここの掟を教えてやる、ナイフを取り出すと、天晴はその必要はないと言って器用に道具を使って錠を開け抜け出し、小雨が到着するころには既に居なくなっていました。

天晴の蔵

働かないなら出ていけ!

働かないなら出ていけ!

出典:TVアニメ『天晴爛漫!』公式サイト

天晴は実家に戻っていました。

帰ってきた天晴に父親が今まで何をやっていたのかと激怒しますが、説明したところで理解できないと言います。父親は、もう19なんだから家の仕事を手伝え、と言いますが俺にはやることがある、と言ってその場を去ろうとします。そんな天晴に父親は、働かないなら出ていけ!と言い放ちます。

その頃、小雨は黒田に天晴が牢を出ていたことを報告していました。報告を受けた黒田は、牢破りは重罪だとして、人を集め天晴を捕えようとします。

小雨はかつて天晴に打ち負かされた過去があり、あまり好ましく思っていませんでしたが、因縁はあろうとも捕まれば打ち首になるかもしれない天晴のことを放ってはおけずにいました。

小雨は天晴の実家に向かい、天晴の兄・半兵衛に古い蔵があるのでそこにいると言われ向かうと、そこは蔵というより、研究所のような場所でした。

小雨は天晴を命だけは助かるよう一緒に頼むから牢へ戻るように説得しますが、やりたいことをやるからと断ります。

小雨はそれでも諦めずに土下座をしてでも説得しようとしますが、それでも天晴は見向きもしません。必死な小雨に天晴は、一緒には行かないが代わりに頼みがある、と天晴と小雨は蔵の奥にある地下へと続く穴へ入っていきます。

その頃天晴の家には追っ手である役人が押しかけてきていました。

予期せぬ漂流

予期せぬ漂流

予期せぬ漂流

出典:TVアニメ『天晴爛漫!』公式サイト

二人が向かったのは先にあったのは船のドッグでした。天晴はここで自作の船を作っていると言います。

小雨は船を見て、蒸気船にしては小さいのに本当に動くのか?と問います。それに対し天晴は、それがこのエンジンの新しいところだ、と自慢げに話しだします。

完成すれば世界で一番早い船になる可能性もあるという天晴に小雨は笑って馬鹿にします。その反応に天晴は、少しは他の人と違うと思ったが父親や兄と同じだと言って、自分はもう行くからお前は帰れ、と言います。

船を出そうとしていると、姉・綾音がやってきました。役人が来ていることを伝えに来てくれたようです。天晴はちょっと出かけてくる、帰りも遅くなると言います。綾音は家族で唯一の理解者だったのでしょうか。綾音は天晴にお守りを渡し、見送ります。

小雨は役人を説得しようとしていましたが、船を走らせる天晴を見て慌てて追いかけ船に飛び乗ります。小雨は、このまま旅に出ると言う天晴に冗談じゃない!と船を引き返させようとしますが、誤って一度しか使えない緊急加速装置を作動させてしまいます。かなり遠くまで来てしまった二人はそのまま何日も海の上を漂流することになってしまうのでした。

何日か経った日、二人の前にアメリカの蒸気船が現れ助かります。そして船はアメリカ・ロサンゼルスに到着するところで第1話は終わりました。

【天晴爛漫!】アニメ第1話の感想

管理人の感想

周りから理解されないと割り切っていたように見えた天晴でしたが、アメリカに到着した天晴の表情はとても輝いていましたね。冒頭の天晴を見てから後半の天晴を見ると冒頭の方が生き生きしているのが見てわかります。

唯一の理解者だったように見えた綾音ちゃんが個人的にはツボでした。綾音ちゃんの為にも頑張って勝ち進んで無事故郷へ帰ってほしいですが、日本にいるよりも生き生きしている天晴を見ていると、無理に帰る必要があるのかな、なんて思ってしまいます(^^;

そしてなんといってもこのアニメの醍醐味は公式サイトでも個々に紹介されているレーシングカーではないでしょうか。それぞれ個性があって見ていて楽しいです。

他の参加者も天晴とはいいライバル関係であるように見えました。個性的な参加者が多かったですが、どんな方たちかとても気になりますね!

みんなの感想

まとめ

  • 機械バカの主人公
  • 漂流してアメリカ・ロサンゼルスへ
  • レーシングカーがかっこいい!

今回はアニメ『天晴爛漫!』の第1話のネタバレ・感想を紹介しました。

天晴のこれからがとっても気になる展開でしたね。また、小雨との関係性も今後どうなっていくのか気になります。良いバディとなってレースを勝ち進んで行ってほしいですね。

以上、『天晴爛漫!』アニメ第1話のネタバレ・感想でした!

関連記事

天晴爛漫

【天晴爛漫!】アニメ第3話感想・ネタバレまとめ!〜ホトトの目的とは〜

天晴爛漫

【天晴爛漫!】アニメ第2話感想・ネタバレまとめ!〜in the Dark〜

天晴爛漫

【天晴爛漫!】アニメの放送局・放送日はいつ?声優やキャストは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です