【天晴爛漫!】アニメ第3話感想・ネタバレまとめ!〜ホトトの目的とは〜

天晴爛漫
出典:オリジナルアニメ「天晴爛漫!」公式サイト

皆さんこんにちは!今回は『天晴爛漫!』の第3話の感想・ネタバレをしていきます!まだご覧になっていない方は閲覧にご注意くださいね。

前回では、天晴と小雨がレースに参加すると決めましたね。新しいキャラクターも出てきましたし、第1話の冒頭のレース開始場面で出てきたキャラクターがどのように出てくるのが楽しみですよね。

さて第3話ではだれが出てくるのでしょうか!?そしてどうなっていくのか、まずはあらすじから早速見ていきましょう!

【天晴爛漫!】アニメ第3話のあらすじ

ガラの悪い男たちに囲まれていた少年を助けようとして窮地に陥ってしまった小雨は、「サウザンドスリー」のディランに救われる。

天晴は、ディランが先日のパレードで派手なガソリン自動車に乗っていた男だと気づき「俺の車はいつか、お前の前を走る」と宣言するのでした。

子供の名は、ホトト。父親の仇である首に蛇のタトゥーが入った男を探して、はるか遠くの村から一人で旅して来たのだと言います。

そんな中、寝泊まりする倉庫が『BNWの代表アル・リオンに買われ、出て行かなくてはいけなくなってしまう天晴は、倉庫を賭けてアルの車に勝負を挑む!

【天晴爛漫!】アニメ第3話のネタバレ

ここからは第3話のネタバレになります。

ホトトの目的

伝説のアウトロー

伝説のアウトロー

出典:オリジナルアニメ「天晴爛漫!」公式サイト

美味い酒が飲みたいだけだ、と言って絡んできた男たちから助けてくれた男は伝説のアウトロー「サウザンドスリー」の一人で『英雄のディラン』と呼ばれている男でした。

男たちを追っ払ったディランに少年が一枚の紙を見せ「首にこのタトゥーのある男を知らないか」と聞きます。それを見たディランは何かを知っているようでしたが、敵を討ちたいという少年に一言「忘れろ」とだけ言って何も教えてはくれません。

その場を去ろうとするディランを見て、昼間レース会場で見た大自動車会社『GM』の車に乗っていた男だと気づいた天晴は「俺の車はいつか、お前の前を走る」と宣言しますが、ディランは好きにしろと言って去っていきました。

少年はそこで力尽き、悪夢から目を覚ますと天晴の居候している倉庫でした。

少年はホトトと名乗り、父親と母親、姉と弟たちと暮らしていましたが、土地だけでなく父親の命を奪われ、敵を取るため遠くを一人で旅してきたと言います。

小雨は子供には何もできないのだから怪我が治ったら家族の元に帰るように言いますが、子ども扱いするなと言うホトトは、続けて水と食事の恩は忘れないが、臆病者の言葉には従わない、と言い返します。

そこへ天晴が地図を持ってホトトに、土地の標高や道に幅などレースに関する天晴に聞きたいことをどんどん質問攻めしていきます。戸惑うホトトを見て、小雨が「傷に障るから今日はやめておけ」と天晴に言うと、あっさり引き下がるのでした。

新たなライバル

新たなライバル

新たなライバル

出典:オリジナルアニメ「天晴爛漫!」公式サイト

天晴はホトトに地図を見て説明を受けていると、小雨が船長に出て行けと言われていました。

理由を聞くと、倉庫を全部まとめて買い取ると申し出てきた人がいると言います。その人物はヨーロッパ出身の金持ちの坊ちゃんで船長の言い値で構わない、と言ってきたそう。

今現在荷下ろししていると聞いた天晴は、断りに行くとその人に会いに行こうとします。

天晴たちが向かうと、その人は天幕を張って寛いでいました。倉庫をこのまま使わせてほしいと頼む天晴たちですが相手にされません。

アル・リオンと名乗った彼は、三大自動車連合『B.I.G.BOSS』の一つで『BNW』の代表としてアメリカ大陸横断レースに出場するため、この倉庫は大会が終わるまで退くつもりはないと言います。

それを聞いた天晴は「じゃあライバルだな」と言いアルの車を物色し始め、そして繊細だと褒めつつ繊細過ぎるが故に改善の余地ありと評価します。そして、自分の車と勝負しようと提案します。

壊れた船をアルに見せ、10日くれればアルの車に負けない車にして見せると自信満々に言います。

もし天晴が買ったら倉庫を自由に使わせてもらう、と言う天晴と、アルが勝てば小雨の刀をもらうという条件で10日後に勝負することが決まりました。

倉庫を賭けたレース

お目付け役のソフィア

お目付け役のソフィア

出典:オリジナルアニメ「天晴爛漫!」公式サイト

次の日天晴は『ぜんまいアシスト付き二輪車』と言う乗り物を作り、早速乗って出かけてくると言います。壊れた船を10日で走る車にするにはパーツが要ると言い、向かった先はシャーレンの所で、壊れた車からまだ使えそうな部品を譲ってもらえることになりました。

シャーレンは天晴にBNWに勝つ車を作るなんて本気で思っているのかと問います。負けたら住む所がなくなってしまうのだろう?と心配するシャーレンに、小雨は一瞬でももしかして、と思ってしまう自分がいると言います。

帰り際、シャーレンはもう一度天晴に、BNWに勝つなんて不可能だと言います。ですが天晴は、みんなそう思ってるからこそ面白いんだと言うのでした。

天晴が船を車に改造している間、ホトトと小雨は炊事洗濯をしていました。小雨は出会った当初かっらことあるごとにホトトに対し子ども扱いをしてきましたが、ホトトはそんな小雨に対し「弱い人ほど人を見下す」とおじいちゃんから教わった言葉を投げかけますが、小雨はなにをどう思おうと子供は子供だと言います。

二人が言い合いをしてるとアルがお目付け役のソフィアを連れてやってきました。

慣らしついでにロスの街を回ろうとすると、そこへぜんまいアシスト付き二輪車に乗った天晴が来て、その二輪車を見たアルは興奮し、乗らせてほしいとお願いしますが断られてしまいます。

そこで天晴は、二輪車をレースに勝ったらあげると言い、その代わりに天晴が買ったらアルの車をもらう、と追加条件を出し、アルはすぐさま受け入れます。

そしてレース当日。天晴たちは遅れて集合場所に到着します。シャーレンもレースを見に来ていました。

コースを確認し、いよいよレーススタート!「Here we go!」と叫ぶ天晴。ホトト曰く天晴はハンドルを握ると人が変わるタイプだそうです。

レースは順調に進みアルの圧勝かと思いきや、天晴の秘密兵器『緊急加速ブースター』のおかげで天晴が勝利します。少々強引な勝利でしたが、それでも今回は天晴の勝ちだ、とアルは車のキーを天晴に渡し歩いて帰ろうとします。

天晴は、アメリカ大陸横断レースでは今度こそアルの前を走る、と宣言し二輪車を譲ると言いますが、アルは強がって断ります。そこですかさずソフィアが「じゃあ私がもらいます」と言って二輪車に乗って帰っていくのでした。

シャーレンも天晴の姿を見て何かを決心したかのような表情を浮かべ走って帰っていくところで第3話は終わりました。

【天晴爛漫!】アニメ第3話の感想

管理人の感想

第1話冒頭でも出てきた天晴の良きライバルであろうキャラクターの一人でしたが、予想通りアルは良きライバルになる感じでしたね!

ぜんまいアシスト付き二輪車って見た目完全にセグウェイですね(笑)セグウェイと書いていいものか迷いましたが、作中では使われない単語なので控えさせていただきました。

小雨とホトトの対立はいつまで続くのでしょうか。両者の言い分はわかりますが、ただ単に子ども扱いしている小雨に対し、ホトトの言葉は割と的を得ている言葉なので、個人的にはその分ホトトの方に軍配が上がっている感じがしますね。

そして、今回も天晴の名言出ました!(笑)シャーレンもきっと心動かされていることでしょう。終盤何かを決意したかに見えたシャーレンの今後に期待です!

みんなの感想

まとめ

  • ホトトの目的は父親の仇
  • 天晴と小雨に少しづつ芽生えていく友情(?)
  • 天晴に影響されていくキャラクター達

今回はアニメ『天晴爛漫!』の第3話のネタバレ・感想を紹介しました。

いよいよこれから…!ってときですが、一旦この3話で終了になります。いつ再開されるかわかりませんが、みなさんも気長に一緒に待ちましょう!

以上、『天晴爛漫!』アニメ第3話のネタバレ・感想でした!

関連記事

天晴爛漫

【天晴爛漫!】アニメ第2話感想・ネタバレまとめ!〜in the Dark〜

天晴爛漫

【天晴爛漫!】アニメ第1話感想・ネタバレまとめ!〜晴れ、ときどき小雨〜

天晴爛漫

【天晴爛漫!】アニメの放送局・放送日はいつ?声優やキャストは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です