八男って、それはないでしょう!:アニメ第4話感想・ネタバレまとめ!〜信頼できる友達〜

八男って、それはないでしょう!
出典:TVアニメ「八男って、それはないでしょう!」公式サイト

皆さんこんにちは!今回はアニメ『八男って、それはないでしょう!』第4話のネタバレとなっておりますので、まだご覧になっていない方はご注意ください!

前回、ヴェンデリンがパーティー仲間を無事見つけることもでき、パーティーメンバーとの誤解もちゃんと解けたところで終わっていました。今回は仲間ができてから最初の一歩となる回ですね。

冒険者予備校へ入学してからあまりクラスになじめずにいたヴェンデリンですが、これを機にどんどんクラスに溶け込めるといいですよね。

果たしてヴェンデリンはこれからどんな物語を紡いでいくのか気になるところです。それではあらすじの方から紹介していきます!

八男って、それはないでしょう!:アニメ第4話のあらすじ

パーティーメンバーを無事集められたヴェンデリン。彼らとも溶け込むことができ、順調な学生生活を送っています。

今日はヴェンデリンの兄の結婚式。エルヴィン達も一緒に出席することになり、飛行船で王都を目指します。

しかしその道中には災難が・・・?ヴェンデリンの冒険者としての能力が問われます。

八男って、それはないでしょう!:アニメ第4話のネタバレ

ここからは第4話のネタバレとなっております!

結婚式への招待

ド派手な格好

ド派手な格好

出典:TVアニメ「八男って、それはないでしょう!」公式サイト

ヴェンデリンはイーナ、ルイーゼ、エルヴィンを連れ、魔法船で空を旅していました。目的はヴェンデリンの兄、エーリッヒの結婚式に出席するためです。

ちょうど学校も夏休みということで、ヴェンデリンは結婚式に彼らを呼んだのです。

ルイーゼは貴族に目をつけてもらおうと、とても派手な恰好でノリノリです(笑)
一方でエルヴィンは船が落ちるのが怖いのか、とてもびくびくした様子で船にしがみついています。

彼らを引率しているのは王都に用事があったブランタークです。面倒見がよいところはアルフレッドに似ていますね。

古代竜討伐

古代竜との戦い

古代竜との戦い

出典:TVアニメ「八男って、それはないでしょう!」公式サイト

そのとき、雲行きが急に怪しくなり、隙間から古代竜のアンデッドが姿を現しました。このままでは船が落ちてしまう可能性があります。

幸い船にはブランタークがいます。彼のような偉大な魔法使いならば、なんとかできそうですが、ブランタークは「俺にはできん」ときっぱり言いました。

アンデッドは聖魔法でしか浄化できないのです。しかしブランタークは聖魔法が使えません。

そこで白羽の矢がたったのはヴェンデリンです。ヴェンデリンは聖魔法をアルフレッドを浄化するときに使ったことがありますね。

ブランタークが船を守り、ヴェンデリンは竜の浄化を任されました。アンデッドは攻撃を何度も繰り出してきますが、ヴェンデリンも諦めず何度も浄化魔法を放ちます。

激闘の末、アンデッドを浄化することに成功したヴェンデリン。竜の残骸はアルフレッドから貰った「魔法袋」に回収することも忘れません。

爵位授与

爵位を授与される

爵位を授与される

出典:TVアニメ「八男って、それはないでしょう!」公式サイト

そんな事件もありましたが、王都についた一行。初めて見る王都の景色にテンションがあがるヴェンデリンたちは年相応という感じです。

引率はブランタークから、船でたまたま会ったブランタークの元パーティーメンバー、アルテリオに交代しました。ブランタークはどうやら逃げたようです(笑)

ヴェンデリンたちは王都スタットブルクの街を見ようとしていましたが、王都に着いた途端、王城へとヴェンデリンは迎え入れられました。

どうやら陛下に古代竜の討伐の件がバレていたようです。陛下の御前に招かれ、古代竜討伐の褒美を授かることになりました。

その褒美は準男爵の地位です。ヴェンデリンはこのときから準男爵となったのです。これはヴェンデリンの父親よりも上の位となります。

そのころ、エーリッヒに会いにいったエルヴィン達は、ヴェンデリンが爵位を授けられ、一つの心配事が芽生えていました。

このままだとヴェンデリンは家の領地を継ぎ、冒険者を辞めてしまうのではないか、という心配事です。

しかし、ブランタークが言うには領地を持たない貴族になるから心配いらないとのこと。すでにヴェンデリンの家には長男がいますし、そこは問題ないようです。

ブランタークたちが懸念していたのは、貴族社会のしがらみについてです。むしろその部分はヴェンデリンがあまり触れてこなかった部分でしょう。

貴族になるということは

ヴェンデリンはブランタークの懸念通り、貴族たちの考えに翻弄されていました。古代竜討伐でヴェンデリンが持ち帰ったものの値段をつけていたのです。

しかし、貴族たちの間で意見が分かれており、どうにも収拾がつきません。ヴェンデリンは褒美のために頑張ったわけではないと思いますが、これは仕方のないことです。

ヴェンデリンが口を挟もうにも貴族たちの言い争いが過熱していき、なかなか機会がありません。しかもヴェンデリンが討伐した目的が誤解されて解釈されていました。

ヴェンデリンは竜を討伐したことで、集めた資源を未だ稼働していない飛行船の材料にもなることを見越していたのだ、という誤解です。多分ヴェンデリンはそこまで考えていないと思います(笑)

そしてますますヒートアップする言い合いですが、そこに「待った」の声をかけた人物がいました。オーエンハイムというご老人です。

オーエンハイムはヴェンデリンが竜を討伐したことで今王都から注目されている、と指摘しました。その人物を前に、言い争いを続けることは王家にとってよくない、と考えています。

ひとまずお金の話はオーエンハイムの一声により収まりました。しかし、ヴェンデリンが竜も倒せる魔法使いと王家に知られたことで、彼らの権力争いにすでに巻き込まれてしまっています。

爵位を与えられたことでより貴族たちと繋がる機会も増えるでしょうが、これが毎回続くのはとても疲れてしまいますね。

結局ヴェンデリンが城を出られたのは夕方になってから。とても疲れた表情で城から出ることになりました。

そんなヴェンデリンの前に、剣技を見せようと剣を振り回している人物が現れました。見知らぬ人ですが、この人は一体何なんでしょうか。

付き添いのアルテリオがいうには「ヴェンデリンに雇ってもらいたい士官志望の人物」だそうです。爵位を与えられ、200年以上も誰も貰っていない勲章まで手に入れているヴェンデリンですから、ヴェンデリンの元で働けば将来有望という魂胆です。

結局士官志望の人物は衛兵に連れていかれましたが、これからはどんどんこんな人達に出会うことになるので、しばらくは外出も難しそうです。

ヴェンデリンは王都での結婚式の他に、買い物にも行きたがっていたのですがこれでは無理そうですね。

兄の結婚式

兄の結婚式

兄の結婚式

出典:TVアニメ「八男って、それはないでしょう!」公式サイト

翌日、結婚式の会場にやってきたヴェンデリンたちは、兄たちの困った顔と再会することになりました。

その理由は家族からの祝儀が届いていないことでした。これでは他の貴族から礼儀がなっていないとみなされてしまいます。

しかし、実家にはお金がなく、兄たちに立て替えてくれという手紙まで届いていました。兄たちも大したお金がないのにどうすればいいのか、と途方に暮れているのです。

貴族の祝儀は見栄の象徴。みすぼらしい祝儀で済ますわけにもいきません。しかもこのままではブライヒレーダー辺境伯にも迷惑がかかる可能性があるのです。

そもそもブライヒレーダー家とバウマイスター家は寄親と寄子の関係で、バウマイスター家の金がなければ、ブライヒレーダー家が貸与する形になります。

しかし、結婚式当日になっても祝儀が届いていないということは、バウマイスター家はブライヒレーダー家にお金の貸与をお願いしていないということ。このままではブライヒレーダー家がお金を出し渋ったと見られてしまいます。

貴族社会は何とも面倒なものですが、これも慣習なのでしょう。

このままでは埒が明かないため、ヴェンデリンがお金を出すことになりました。ヴェンデリンはすでに様々なモンスターを狩っていますし、お金があります。

そうして無事に結婚式は執り行われました。結婚式が終わり、疲れ果てていたヴェンデリンのもとに、アルテリオがやってきます。ヴェンデリンが探していたものを、彼が見つけてきてくれたのです。

母国の味

ヴェンデリンが探していたものは米麴でした。すぐにエルヴィン達を連れて家に戻ったヴェンデリンは米麴を使ってみんなで味噌づくりを始めました。

1年くらい寝かせるところを、ヴェンデリンは魔法で発酵を進めさせました。実家でも何度か味噌づくりをしていたようですが、米麴がないとうまくいかなかったようです。

出来上がった味噌はちゃんと発酵し、味噌汁を作ることに成功しました。ヴェンデリンはそれを皆に振る舞いました。皆の反応もよく、大成功です。

婚約者・・・?

エリーゼ

エリーゼ

出典:TVアニメ「八男って、それはないでしょう!」公式サイト

一方そのころ、オーエンハイムが自分の孫のエリーゼを呼び出し、「夫を決めたぞ」と声をかけました。

きっとヴェンデリンのことでしょうが、これからどうなるのでしょうか・・・。

八男って、それはないでしょう!:アニメ第4話の感想

管理人の感想

ヴェンデリンに友達ができたのはよかったのですが、貴族社会へと踏み出さないといけなくなったのは予想外でした。

さらに最後に出てきたエリーゼは次回から本格的に出てくるのでしょうが、果たしてどうなるのか気になるところですね。

ヴェンデリンは今多くの味方や地位で守られているものの、それを利用しようとする勢力も現れると思うと、心配になります。これも試練なので、ヴェンデリン達には乗り越えてもらいたいですね!

みんなの感想

まとめ

  • ヴェンデリンには信頼できる友達ができた
  • ヴェンデリンに爵位が与えられる
  • 新しい人物はどんな人・・・?

さて、今回はヴェンデリンの人生において大きい出来事が起こった回だったと思います。

爵位を与えられても、ヴェンデリンは冒険者予備校の生徒として、仲間たちと頑張ってもらいたいですね!

それではまた次回の第5話のネタバレもあげますので、そちらの方もご覧ください。以上、アニメ『八男って、それはないでしょう!』第4話のネタバレ・感想まとめでした!

関連記事

八男って、それはないでしょう!

八男って、それはないでしょう!:アニメ第8話感想・ネタバレまとめ!〜大胆なエリーゼ〜

八男って、それはないでしょう!

八男って、それはないでしょう!:アニメ第7話感想・ネタバレまとめ!〜いざ武芸大会〜

八男って、それはないでしょう!

八男って、それはないでしょう!:アニメ第6話感想・ネタバレまとめ!〜3人の妻〜

八男って、それはないでしょう!

八男って、それはないでしょう!:アニメ第5話感想・ネタバレまとめ!〜ヴェンデリンの恋模様〜

八男って、それはないでしょう!

八男って、それはないでしょう!:アニメ第3話感想・ネタバレまとめ!〜パーティーを組む?〜

八男って、それはないでしょう!

八男って、それはないでしょう!:アニメ第2話感想・ネタバレまとめ!〜魔法修行はじまる〜

八男って、それはないでしょう!

八男って、それはないでしょう!:アニメ第1話感想・ネタバレまとめ!〜貧乏貴族の八男に転生〜

八男って、それはないでしょう!

八男って、それはないでしょう!:アニメの放送局・放送日はいつ?声優やキャストは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です