本好きの下剋上:アニメ第10話感想・ネタバレまとめ!〜魔木の討伐へ〜

本好きの下剋上
出典:アニメ!アニメ!

皆さんこんにちは!今回は『本好きの下剋上』第10話のネタバレが含まれておりますので、まだご覧になっていない方はご注意ください!

前回は、図書館が荒らされていたり、収穫祭に出向けないようにされるなど、嫌がらせを受けたマインですが、それでも図書館を直すなど精力的な活動もしていました。マインは強い子ですね。

騒ぎもひと段落したと思いきや、今度は冬の奉納式に出るために神殿に留まれ、と命令されてしまったマイン。母は身重でありますが、どうなるのでしょうか。

今回もあらすじの方から見ていきましょう!

本好きの下剋上:アニメ第10話のあらすじ

収穫祭の騒動も終わったと思いきや、次は「騎士団の要請」の儀式に向かうことになったマイン。

しかしどうにも騎士団の人達は、マインの存在が気に入らないようです。果たしてマインは無事に帰れるのでしょうか?

本好きの下剋上:アニメ第10話のネタバレ

ここからは第10話のネタバレとなっております!

父との話し合い

神殿に留まることを要求されたマインですが、冬は熱を出しやすいため家族が心配する、と申し出ます。しかし、神官長は家族が見舞うことは許可するといい、それ以上は譲歩できないと強く言い聞かせられます。

部屋に戻っても気落ちしていましたが、マインは自分の立場を思い出します。マインは孤児院の院長としての役割もあるので、気持ちを切り替えました。

ルッツもマインの父が何を言うかわからないが、神殿の部屋の方が間違いなく暖かいので風邪をひきにくいだろう、とマインの神殿生活に賛成です。

マインはこの言葉を交渉のときに使おうと、早速家に戻ります。家に戻り事情を話すと、父は激昂しました。ルッツの言葉も神官長の譲歩も全く聞き入れてくれません。

マインは自分の仕事だから、と一生懸命父を説得します。孤児院の子供のことも引き合いに出すと、父は納得してくれました。

母もトゥーリも神殿に行き、マインの様子を見に行くことを約束します。父はマインの提案で、豚肉の加工を手伝いに行くことにもなりました。

重大なお仕事

フランの進言

フランの進言

出典:TVアニメ「本好きの下克上」公式サイト

豚肉の加工は父の手伝いもあり、順調に進みました。ルッツも手伝いに来てくれています。マインは膠が作れると満足そうです。

膠づくりが進んでいるので、マインの絵本づくりを進めようと思いますが、フランが「騎士団の要請」のために祝詞を覚えなければ、と進言しました。

「騎士団の要請」では儀式を行うのですが、今は青色神官がいません。マインが代わりに務めることになる可能性が高いのです。

マインは神官長が出るのでは、と疑問を持ちますが、神官長は時に貴族としての仕事を優先しなければならないので、「騎士団の要請」には出ないのです。

マインは青色神官を代表することになるので責任重大です。そうこうしているうちに、儀式用の衣装が届きました。

儀式用の衣装に顔をほころばせるマインは可愛いです。部屋も冬仕様となり、孤児院の冬支度はほぼ終わりました。

騎士団の要請

珍しい格好の神官長

珍しい格好の神官長

出典:TVアニメ「本好きの下克上」公式サイト

神官長も収穫祭に向かい、ほどなくして帰ってきました。マインが神官長の部屋に行くと、どこからともなく鳥がやってきました。

その鳥は「騎士団の要請」を伝える鳥でした。マインはすぐさま準備に取り掛かります。側仕えはマインのことを心配しているようで、マインはいつもと違う雰囲気に戸惑いながらも覚悟を決めます。

準備が整い外に出ると、騎士のような恰好をした神官長がいました。今回は騎士団として参加するのです。

神官長が魔法陣を展開し、要請があった場所へと向かいます。そこは貴族街といい、下町とは全く違う様相を呈していました。

騎士団からカルステッドという人物が代表であいさつをしに来ましたが、マインを見定めるような目つきで見てきました。これは何か思うところがあるようです。

儀式を執り行う場所へ向かうため、魔法で空を飛ぶ動物を召喚し、それに乗り移動することになりました。

魔木の討伐

マインはもちろん空を間近で見るのは初めてなので興奮しています。目的地はとある「魔木」です。「魔木」の討伐が騎士団の仕事となるのです。

神官長はくれぐれもおとなしく、とマインに釘をさします。マインの出番は魔木の討伐後となるので、しばらくはお留守番です。

マインは青色巫女見習いという立場なので、お留守番のマインには護衛がつけられました。他の騎士は討伐に向かいます。

その前に、マインが皆の無事を願う祝詞を捧げます。するとマインの魔力が騎士団に降り注ぎました。それは、マインからの「祝福」でした。

騎士団が討伐に向かうと、マインの護衛が「意味のない祝福だったな」と薄笑いを浮かべました。果たしてマインは、何事もなく帰れるのでしょうか。

本好きの下剋上:アニメ第10話の感想

管理人の感想

今回はファンタジー要素が強い回となっていました。マインは平民なので、魔法をこんなに立て続けに見たことがなく、いちいち驚いているのがかわいかったですね。

魔法陣を展開したり、空を飛べる動物を召喚したりなど、マインたちの住む世界が改めて違うことに気づかされました。

今まで商売の話やら、絵本の話やらで私たちとあまり変わらない世界線のような気もしていましたが、ファンタジーの要素が前面に出ていて見ごたえがありました。

しかしマインには苦難が多いですね。今回も騎士の人からはあまりよく思われていないようですし、無事に帰れることを祈るばかりです。

みんなの感想

まとめ

  • 騎士団の要請って?
  • ファンタジー要素がたっぷり!
  • マインは無事に帰れるの?

今回は騎士団という存在が新しく登場しましたが、まさか神官長まで騎士団として参加するとは思いませんでした。

貴族の仕事とは騎士団の仕事だったのですね。騎士団は貴族のようですが、マインに不快感を露わにしていましたし、青色神官といい、貴族にはあまりいい印象がありません(笑)

マインは負けずに、自分のやるべきことを見極めてほしいですね。全ての経験がマインを成長させる要素になればいいと思います。

以上、『本好きの下剋上』アニメ第10話のネタバレ・感想まとめでした!

関連記事

本好きの下剋上

本好きの下剋上【最終回】:アニメ第12話感想・ネタバレまとめ!〜夢の世界〜

本好きの下剋上

本好きの下剋上:アニメ第11話感想・ネタバレまとめ!〜トロンベ討伐〜

本好きの下剋上

本好きの下剋上:アニメ第9話感想・ネタバレまとめ!〜収穫祭のお留守番〜

本好きの下剋上

本好きの下剋上:アニメ第8話感想・ネタバレまとめ!〜絵本づくり〜

本好きの下剋上

本好きの下剋上:アニメ第7話感想・ネタバレまとめ!〜新しい側仕え〜

本好きの下剋上

本好きの下剋上:アニメ第6話感想・ネタバレまとめ!〜ルッツの家出〜

本好きの下剋上

本好きの下剋上:アニメ第5話感想・ネタバレまとめ!〜子供たちと星祭り〜

本好きの下剋上

本好きの下剋上:アニメ第4話感想・ネタバレまとめ!〜子供たちのために〜

本好きの下剋上

本好きの下剋上:アニメ第3話感想・ネタバレまとめ!〜側仕えたちと和解?〜

本好きの下剋上

本好きの下剋上:アニメ第2話感想・ネタバレまとめ!〜青い衣と異なる常識〜

本好きの下剋上

本好きの下剋上:アニメ第1話感想・ネタバレまとめ!〜側仕えのクセが強い〜

本好きの下剋上

本好きの下剋上:アニメの放送局・放送日はいつ?声優やキャストは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です