かくしごと:アニメ第6話感想・ネタバレまとめ!~だてなおとのランドセル~

かくしごと
出典:TVアニメ『かくしごと』公式サイト

皆さん、こんにちは!クスっと笑わせてくれる笑いあり、家族愛(主に父の)ありで話題のアニメ『かくしごと』。

娘の“姫”に漫画家であることを必死に隠そうとする父・可久士とのドタバタコメディも毎回の見どころとなっています。ここでは、そんなアニメ『かくしごと』第6話のネタバレ&感想を紹介!

ネタバレありなので、まだ未試聴の人は閲覧にご注意下さいね。

かくしごと:アニメ第6話のあらすじ

毎年、差出人不明のランドセルが姫の元に届きます。姫は無邪気に喜んでいるようですが、可久士には誰からの贈り物か分かっているようで…?

そんなある日、つい勢いでサイン会の仕事を引き受けてしまいます。しかし、その日は姫と出かける予定も入れてしまっていて…。

かくしごと:アニメ第6話のネタバレ

差出人不明のランドセル

差出人不明のランドセル

差出人不明のランドセル

出典:TVアニメ『かくしごと』公式サイト

今年もまた“だてなおと”なる人物から姫の元にランドセルが届きます。毎年、姫の元に差出人不明のランドセルが届くそうですが、姫にはすでに可久士が買ったランドセルがありました。

しかし、優しい姫は背負っている姿を写真に撮るのです。そして、毎年贈ってくるものだから、押し入れにはお店が開ける程のランドセルが大切にしまわれていたのでした。

“だてなおと”はおこがましい

さて、例の“だてなおと”を話題にする可久士。しかし、芥子が“だてなおと”が誰か尋ねると筧らに「あまりプライベートに足を踏み入れるな。」と言われてしまいます。

そして、可久士はというと勝手に送り付けてくる“だてなおと”に怒り気味。勝手に送り付けておいて“ランドセルを買ってあげた”とかおこがましいと言うのです。

“ランドセルを買うのは権利”だと言い切る可久士。「ランドセルを買うにしたって、周囲のランドセルを買い与えたがる人々との争奪戦を勝ち抜いて買う権利を得ているというのに他人が勝手に買い与えていいものではない!」と言うのでした。

送り主は?

そんななか、「可久士の所に届くランドセルは他人によるものなんですか?」と尋ねる芥子。それに対して可久士は「他人だよ。俺にとっては。」と答えるのでした。

可久士たちがそんな話をしているなか、ある豪邸から1台の高級車が出てきます。その後部座席にはランドセルを背負った姫の写真を眺める人物が乗っているのでした。

優しい世界の住人

優しい世界

優しい世界

出典:TVアニメ『かくしごと』公式サイト

仕事場では羅砂が先ほどの「買うのは義務ではなく、権利だ」と言う可久士の言葉に納得しています。「漫画も読者が買ってやるじゃなく、買わせていただくとか思ってくれるといいですね。」ともらすのでした。

そんな羅砂の言葉に“優しい世界だなぁ”と感激する可久士。そして、「読者に優しい世界の住人でいてほしいのであれば、まずはこちらから優しい世界の住人にならなければならない」と言い出すのでした。

それからというもの、可久士の仕事場は“~させていただいております”のオンパレード。1人冷静な羅砂は「とても社畜感がありますが。」と呆れるのです。

相変わらず絶好調!十丸院

そんな優しい世の住人感を満喫中の仕事場に、相変わらず空気の読めない十丸院がやってきました。

「せっかくメジャー週刊誌に載せてやってるのにさ。」と電話口で言っている十丸院に、「優しい世界の破壊者!」とつかみかかる可久士。

「他人に感謝することはないのか」とたたみかける可久士に「ある。」と答える十丸院。「特に全国の書店には売って頂いているという感謝しかない。」と言うのでした。

その言葉に納得する可久士が頼まれたものとは…書店別特典イラストカード20枚だったのです。

親の鏡

優しい世界の住人でいるのは大変だな。と思いながら帰路につく可久士。その途中、母親たちが世間話をしているところを通り過ぎます。母親たちは言うことを聞かない子供たちに「誰が育ててやってると思っているのかしら?」と思っているようでした。

そんな言葉を聞いた可久士は「それは違う。」と思いながら通り過ぎていきます。「育てさせてもらっている。」というのです。

漫畜

漫畜

漫畜

出典:TVアニメ『かくしごと』公式サイト

ここ数日、可久士は“させてもらっている”精神でさまざまな仕事を引き受けていました。それはそれはスケジュールがパンクするほどに。

そんな可久士の様子を社畜ならぬ“漫畜”だとドヤ顔で言う筧。どうやら新しい言葉を生み出せたことに高揚感を抱いているようです。

サイン会

さて、スケジュールの中に“サイン会”があることに気付く可久士。どうやら“どさくさにまぎれてOKしてしまった”ようです。

しかし、サイン会とは人前に出てやる仕事。「姫にバレたらどうする!」と一刻も早く断ろうとする可久士ですが、告知もされているため、キャンセル不可。しかもその日は、姫とキッザニラに行く約束をしている日だったのでした。

送り主の正体は…

さて、どうしようか考えつつ帰路につく可久士に1台の高級車が。その主に「いい加減、ランドセルを送るのをやめてもらえませんか。」と言う可久士。

そんな可久士に男は「君も親になって、こちらの気持ちが少しは分かるのではないか。」と問うのです。「もし姫が結婚したいと連れてきた男が“きんたましまし”などといった漫画を描いていたら、許すのかい?」と聞かれた可久士は思わず「許すわけねーだろ!」と大声をはりあげるのでした。

自分で言って、はっとする可久士。

サイン会当日

可久士のサイン会

可久士のサイン会

出典:TVアニメ『かくしごと』公式サイト

それからというもの、可久士は自信喪失気味のようです。そして「誰も来ないサイン会なら姫と遊びに行く」と駄々をこね始めます。しかし、会場は姫と出かける場所“キッザニラ”の施設内だったのでした。

さて、サイン会当日、十丸院たちをはじめ仕事場メンバー総出でサイン会と姫とのお出かけを両立させようと全力になります。それでも、自信喪失気味の可久士は、並んでいるファンは“さくら”ではないかと疑うのでした。そんな可久士の前に現れた親子連れのファン。純粋に喜ぶ姿を見て、自信を取り戻す可久士だったのです。

さて帰り道、「今日は何の仕事が楽しかった?」と聞く可久士に「本屋さん」と答える姫に思わず微妙な顔をしてしまうのでした。

父が描いた漫画

涙する姫

涙する姫

出典:TVアニメ『かくしごと』公式サイト

女子高生になった姫は、可久士が用意した17歳の箱を空けます。そこには可久士が描いた漫画が入っていました。

その漫画は剣も魔法も出てこない、ただ父・母・娘の3人家族の平凡な日常を描いたものだったのです。“つまらない漫画”と思う姫ですが、そのつまらない日常こそが1番の夢物語だったのだと涙する姫だったのでした。

かくしごと:アニメ第6話の感想

管理人の感想

姫の“だてなおと”さんの発音が可愛すぎました!第6話はしょっぱなから姫の可愛さが炸裂でしたね。この他にもキッザニラでもさまざまな職業コスプレをしている姫ちゃんは第6話の見どころの1つです。そして前回に引き続き、ところどころに散りばめられている十丸院のひどさにも是非注目してほしいところです。

特に十丸院役の花江さんの表現力はやはりさすがと言うべきでしょうか。また、今回は特に話のテンポがスムーズであっという間の30分でした。そして相変わらず、最後の1シーンは意味深で、姫の涙も印象的です。

まだ見ていない人には是非見てほしいおススメのエピソードです。

みんなの感想

まとめ

  • 姫のかわいさが炸裂
  • 十丸院のヒドいセリフ
  • ランドセルを送ってきた相手

姫の可愛さが増していた第6話でした。そして、ランドセルの送り主には大体予想がつきましたが、これから可久士とどのように絡み合っていくのかちょっと気になりますね。それがラストにも関わってくるのでしょうか?

また前回に引き続き、十丸院の勢いが止まらないのがクセになってきている感じです。とにもかくにも、楽しいアニメ『かくしごと』第6話のネタバレ&感想でした。

関連記事

かくしごと

かくしごと:アニメ第9話感想・ネタバレまとめ!~パーティーでひと騒ぎ~

かくしごと

かくしごと:アニメ第8話感想・ネタバレまとめ!~初めが大事!そして記念日~

かくしごと

かくしごと:アニメ第7話感想・ネタバレまとめ!~〇〇の10カ条~

かくしごと

かくしごと:アニメ第5話感想・ネタバレまとめ!~箱のつづき~

かくしごと

かくしごと:アニメ第4話感想・ネタバレまとめ!~姓名判断にご注意~

かくしごと

かくしごと:アニメ第3話感想・ネタバレまとめ!~姫の料理と運動会と家~

かくしごと

かくしごと:アニメ第2話感想・ネタバレまとめ!〜父、娘の臨海学校に付いていく〜

かくしごと

かくしごと:アニメ第1話感想・ネタバレまとめ!〜父は娘を想いある事を隠す〜

かくしごと

かくしごと:アニメの放送局・放送日はいつ?声優やキャストは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です