【キングダム3期】アニメ第3話感想・ネタバレまとめ!〜函谷関攻防戦〜

キングダム
出典:TVアニメ「キングダム」公式サイト

皆さんこんにちは!今回はアニメ『キングダム』第3シリーズ第3話のネタバレと感想です。ネタバレ含まれますので、まだご覧になっていない方はご注意ください!

さて、前回のエンディングでは、合従軍と秦国それぞれの大将軍たちが集結し、昌平君はじめとする軍師たちが全力で考え抜いた作戦が発表されるというところで終わりました。

果たしてどんな作戦で合従軍に立ち向かうのでしょうか。それでは早速、第3話のあらすじから見ていきましょう!

【キングダム3期】アニメ第3話のあらすじ

函谷関攻防戦(かんこくかんこうぼうせん)

軍総司令・昌平君に召集され、秦国の名だたる将軍が一堂に会した。そうそうたる面々を前に昌平君は、国家存亡の危機を救う僅かな望みをかけた作戦を発表する。それは、全軍で国門“函谷関”(かんこくかん)にて敵を迎え撃つこと。この作戦を受け、秦国を挙げた大軍勢が函谷関へと集結。その中には信の“飛信隊”、信と同世代の将、王賁(おうほん)率いる“玉鳳隊”(ぎょくほうたい)、蒙恬(もうてん)率いる“楽華隊”(がくかたい)もいた。
秦国の命運を握る戦いの幕がついに切って落とされた!

引用:TVアニメ「キングダム」公式サイト

【キングダム3期】アニメ第3話のネタバレ

ここからはネタバレとなっております。

合従軍・総大将は春申君

合従軍総司令に任命された春申君

合従軍総司令に任命された春申君

出典:TVアニメ「キングダム」公式サイト

風万平原では、魏軍総大将・呉鳳明(ごほうめい)が座っていました。そこに燕軍総大将オルド、楚の巨人・総大将汗明(かんめい)と韓軍総大将成恢(せいかい)がやってくると、そのすぐそのあとに李牧がやってきました。

その後ろには…楚の宰相・軍総司令、春申君がいました。そして李牧は、この春申君が合従軍を束ねることを伝えます。

春申君は3000人もの食客を抱え、宰相として20年間大国・魯国(ろこく)をまとめ上げており、中華全土の全域で格付けをすれば、間違いなく頂点に位置する人物。

総大将は春申君、そしてこの戦を色づけるのは李牧—これ以上豪華な顔ぶれはいないほど、合従軍は最強のものとなっていました。そして李牧は、咸陽攻略の作戦を伝え始めます。

咸陽防衛、ただ一つの策とは

軍総司令・昌平君による作戦発表

軍総司令・昌平君による作戦発表

出典:TVアニメ「キングダム」公式サイト

咸陽では、昌平君が秦の大将軍たちに作戦を発表。

秦国の兵力で合従軍の攻撃を阻止する方法は一つもありませんでした。無意味な戦いで兵力差を増やすわけにはいかないので、民や兵を近隣の城に入れて合従軍を素通りさせ、なんと咸陽の入り口まで呼び込むというのです。

咸陽が中華一の不落の城とも呼ばれる理由は、周囲を山岳に囲まれるという天然の要塞があり、さらに一度も抜かれたことがない国門、“函谷関”があるからでした。しかし、今回のように大規模な軍に攻め込まれたことも一度もないのです。

一か八かの戦いとなりますが、咸陽防衛の策はただ一つ。入口である函谷関をどう守り抜くかということでした。

一方、信が飛信隊を引き連れ集合場所に到着すると、そこにはものすごい数の秦軍が集まっていました。

そこは国門・函谷関。咸陽の城壁の倍以上の高さで、てっぺんが見えないほどの壮大な国門に皆は圧倒されます。「…函谷関万歳!!!」秦軍たちが一斉に叫びだしました。

しかし、もしもこの壮大な函谷関が抜かれてしまうと、咸陽が落とされるということになるのです。飛信隊はこの戦いが函谷関防衛戦であることを認識し、士気を高めます。

緊張がはしる咸陽

今後の戦いに意気込む昌平君と蒙武将軍

今後の戦いに意気込む昌平君と蒙武将軍

出典:TVアニメ「キングダム」公式サイト

昌平君は、山陽攻略の意図を李牧に読まれていたことに自分の落ち度を感じていました。

昌平君の山陽攻略が、“秦の中華統一”の詰みの一手になるだろうと気付いたことにより、李牧と春申が手を組み、合従軍が始まったのです。

李牧が他国を従えることができているのは、秦の大将軍・王騎と燕の大将軍・劇辛(げきしん)を討ち取ったことで、中華最強の武将とされていたからでした。

一方飛信隊は、配置に向かっている途中で、“玉鳳隊”(ぎょくほうたい)を率いる王賁(おうほん)と、“楽華隊”(がくかたい)率いる蒙恬(もうてん)と出会いました。

2人は蒙武将軍の連合軍で、飛信隊はひょう公将軍のもとに配属されたといいます。2千人将になったという王賁に対し、信はこの戦いで3千人将になってやると対抗心を燃やします。しかし王賁はこの戦で5千人将になり、次の将軍を目指すと言い残し去っていきました。

次から次へと戦が始まっていくこの戦国時代。信はライバルである蒙恬に、「がっつりやろうぜ。間違っても死ぬなよ。」とエールを送りました。

函谷関は、蒙豪軍・張唐軍・桓騎軍が守備。外の山々にはつけ込む隙があったため、左の山地には王翦(おうせん)軍、右の山地に謄軍と蒙武軍を配置。そのさらに右側にひょう公軍を布陣させ、敵へのけん制を図りました。

対する合従軍も、趙・楚・韓・魏・燕を横並びに広く展開し、その後ろには李牧と春申君が本陣を構えていました。後宮では、政の子供を身ごもっている宮女・向と、親しい宮女・陽がいました。陽は函谷関を抜けない限り、敵は咸陽には来れないから大丈夫といいますが、向を勇気づけるその手は震えていました。

2人は、函谷関で戦っているみんなが、絶対に守ってくれると信じて願います。

函谷関攻防戦ついに開戦!

秦が誇る壮大な函谷関を前に

秦が誇る壮大な函谷関を前に

出典:TVアニメ「キングダム」公式サイト

趙軍12万を前に、ひょう公連合軍は4万でした。一方、蒙恬と王賁の前には楚軍15万。函谷関の前には魏軍10万と韓軍5万。王翦軍7万の前には燕軍が12万布陣していました。

オルド将軍は、王翦軍の後ろの山脈を伝えば、函谷関の横と裏側へ行けると読んでいましたが、口火を切るのは自分たちではないとして留まります。

ここで合従軍本陣にいる春申君が、楚軍総大将汗明からこの対戦を始めさせることにします。旗が順に上がった後、汗明が隣の戦場にまで響き渡る声で開戦を宣言します。

「この戦は!!深く歴史に刻まれること間違いない!!」

その後同金の仇である楚軍・臨武君が指名されますが、その口上途中でなんと、ひょう公将軍が勢いよく突撃していったのです。

「突撃じゃぁああ!!!」

それを見た信も、ひょう公将軍に続きました。
「この大戦の口火を切るのは、俺たちだ!!!」

まんまと出し抜かれ、顔に泥を塗られた汗明は、臨武君にすぐさま軍を出陣させます。それに続き、次々と軍が出陣していきました。

紀元前241年―秦軍VS合従軍、函谷関攻防戦開戦!!!

【キングダム3期】アニメ第3話の感想

管理人の感想

ついに函谷関防衛線がはじまりました!

1話、2話に続き、3話も期待を裏切らない仕上がりで、何度も観てしまいました。ひょう公将軍が臨武君の口上中に突撃するところが個人的に好きです。

臨武君は、同金を話の途中で殺すという酷いやりかたでしたから、今回のひょう公将軍の行動はそれに対しての仕返しなのでしょうか…まだ突撃しただけですが、恥をかかせてくれてありがとうと言いたいです(笑)。

信がひょう公将軍に配属されたのは、信も同じく本能型だからでしょう。戦い方が似ている2人はたぶん相性がいいのだと思います。ふたりとも死なずに、最後まで戦い抜いてほしいと願うばかりです。

みんなの感想

まとめ

  • 合従軍の総大将は楚の春申君
  • 函谷関防衛が咸陽を守り抜くただ一つの策
  • 開戦宣告中にひょう公将軍が突撃

いかがでしたでしょうか。秦国最強の軍師・昌平君が考え抜いた防衛策は、中華最強の武将・李牧からの攻撃に打ち勝つことができるのか、次の展開に期待が高まります。

以上、【キングダム3期】アニメ第3話の感想&ネタバレでした。

関連記事

キングダム

【キングダム3期】アニメ第4話感想・ネタバレまとめ!~二つの戦場〜

キングダム

【キングダム3期】アニメ第2話感想・ネタバレまとめ!〜秦国将軍が集う〜

キングダム

【キングダム3期】アニメの放送局・放送日はいつ?声優やキャストは?

キングダム

【キングダム3期】アニメ第1話感想・ネタバレまとめ!〜迫り来る合従軍〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です