【キングダム3期】アニメ第4話感想・ネタバレまとめ!~二つの戦場〜

キングダム
出典:TVアニメ「キングダム」公式サイト

皆さんこんにちは!今回はアニメ『キングダム』第3シリーズ第4話のネタバレと感想です。ネタバレ含まれますので、まだご覧になっていない方はご注意ください!

さて、前回のエンディングでは、ついに函谷関防衛線がはじまり、臨武君の口上中に麃公将軍が突撃するところで終わりました。

それでは早速、第4話のあらすじから見ていきましょう!

【キングダム3期】アニメ第4話のあらすじ

二つの戦場

開戦の号令とともに始まった函谷関攻防戦。麃公将軍の下に配属された飛信隊は、隊長・信に率いられ、将軍直属の“麃公兵(ひょうこうへい)”とともに対する趙軍(ちょうぐん)を次々と撃破してゆく。
ところが勢いに乗っていたはずの麃公軍の動きが突然止まる。実は麃公軍は、趙軍総大将・李牧(りぼく)が全幅の信頼を寄せる副将・慶舎(けいしゃ)が張り巡らした罠にいつの間にか絡めとられていたのだ。一転、追い詰められる立場となった麃公軍だが、そのとき、この窮地を救う者が現れる。

引用:TVアニメ「キングダム」公式サイト

【キングダム3期】アニメ第4話のネタバレ

ここからはネタバレです。

趙軍の指揮官副将・慶舎

趙国、骨巴山地。合従軍が秦軍に攻め入ったと人々が噂をしていると、そこに羌瘣(きょうかい)が通りすがりました。信たちを信じている羌瘣は、象姉の仇を打つまで戻らないと武器・緑穂(りょくすい)に誓うのでした。

函谷関ではついに戦いの火ぶたが切られ、秦国が全勢力をもって合従軍に立ち向かっていました。飛信隊の戦いぶりは際立っていましたが、それ以上に、右横を行く麃公軍は凄まじいものでした。

しかし、河了貂(かりょうてん)は、趙国・李白が様々な策を要する将軍であるにもかかわらず、ただ戦っているだけという対応に違和感を感じていました

慶舎に信頼を置く李牧

合従軍本陣で春申君と戦場を見守る李牧

合従軍本陣で春申君と戦場を見守る李牧

出典:TVアニメ「キングダム」公式サイト

一方、李白は部下からの問いにも「そうゆう指示だ」と返し、李牧の指示ではないと否定します。

本陣では、春申君が趙軍の本陣に行かない李牧を気にかけると、李牧は趙軍の指揮官副将・慶舎に揺るがぬ信頼を置いていることを明かしました。

趙軍・慶舎は、李白軍が思いのほか苦戦していることに対して焦りを見せていませんでした。麃公将軍が、やみくもに打って出たように見せて実は火の落としどころを探っているのだということを見抜いていたのです。飛信隊が先を行く麃公軍に追いつきそうになるころ、麃公将軍は「戦場にニオイがない」とかぎとっていました。

野生の獣のような麃公将軍を読み取ることは至難の業だと春申君はいいますが、慶舎は理解できていると李牧は確信していました。

沈黙の狩人

麃公将軍と同じ本能型の将軍

麃公将軍と同じ本能型の将軍

出典:TVアニメ「キングダム」公式サイト

第二突撃に入った麃公軍に対し、ようやく慶舎が10歩前進します。麃公将軍はそれに対し方向転換しますが、実はこれは慶舎の罠でした。趙軍・万極軍が麃公軍の真後ろをとり、襲い始めたのです。

慶舎は麃公将軍とはまた違う本能型の将軍でした。それはまさしく、クモのごとく絡みつくような罠を仕掛けて敵を待つ、沈黙の狩人。李牧が本能型の将軍で最も恐ろしいと思う存在でした。

趙軍の流れが完全にこちらに向き、打つ手がない麃公将軍は止まってしまいます。麃公軍は、万極軍の攻撃により身動きがとれなくなり、後方を失う寸前でした。敵軍の配置・比準・表情や目線などを求め、戦況を敏感に感じ取る麃公将軍。しかしそれは逆に言えばそれらがなければ何も感じ取れないのでした。

慶舎は麃公軍が万極軍の牙により肉をはぎ取られるさまを愉しんでいました。

飛信隊が切り込む

信は直観を働かせ素早い行動に出る

信は直観を働かせ素早い行動に出る

出典:TVアニメ「キングダム」公式サイト

このままでは半分近くもの戦力を失うことになると河了貂が焦りだしたその時、万極軍に突如、飛信隊が切り込んできました。「ここが俺らの正念場だ!!この飛信隊につかまって奮い立ちやがれ!」

信の怒号に、馬鹿にするなと麃公兵たちが再起し、反撃に出始めました。信はなんと最初から後ろを率いるつもりだったのです。「小童が、まんまと大炎を巻き起こしおったわ…」

信が直観で素早く行動に出たことを悟り、本能型の武将の才が目覚めてきていると麃公将軍は思いました。
そして麃公は、趙将・慶舎へ攻め入ることを決断します。

秦の国門、函谷関

桓騎軍・千人将オギコ

桓騎軍・千人将オギコ

出典:TVアニメ「キングダム」公式サイト

一方その頃、合従軍たちが壮大な函谷関を前に苦戦していました。秦軍将軍・桓騎はそれをあざ笑うように見下ろしていました。

秦軍将軍・張唐は「国門・函谷関を舐めるなよ。」と魏兵に一斉に大量の矢を打ち放します。しかし、魏軍総大将・呉鳳明はその様子を鼻で笑っていました。

その時、ただ面白いという理由で桓騎に千人将に抜擢されたオギコが、魏軍側から巨大な井闌車が運ばれてくるのを発見します。

それは秦軍将軍・張唐に向かっていました。張唐兵たちが火矢を井闌車に放ちますが、水を吸わせているのか、火はつきませんでした。

魏国の優れた設計士

魏軍・呉鳳明

魏軍・呉鳳明

出典:TVアニメ「キングダム」公式サイト

目を疑うほどの巨大な井闌車は、魏に優れた設計士がいることを物語っていました。しかし李牧は、どんな巨大な井闌車でも函谷関には届かないはずだと春申君にいいます。

『今も、この先百年も、秦国の敵は唯一人としてここを通れぬ。それが、秦の国門 函谷関だ!』張唐将軍の叫びに魏軍兵は圧倒されていましたが、井闌車はなおも前進を続けます。

その様子に何か小細工があることを悟る桓騎将軍。井闌車が函谷関の目前で停止すると、張唐将軍は再度火矢を叩き込ませました。

しかし将軍たちが、井闌車に重しがついていることに気付くと、その重しを利用して延長させる仕掛けが発動。鋭い刃先が勢いよく頂上に食い込み、延長した鉄板が函谷関に届いてしまったのです。

呉鳳明が不適の笑みを浮かべていました。『対函谷関のために、俺が設計したのだからな』

【キングダム3期】アニメ第4話の感想

管理人の感想

万極軍に切り込んだ信、かっこよかったです!12万対4万の無謀な戦いにも光が見えました。麃公将軍は慶舎に攻め入っていきましたが、本能型の将軍同士の対戦、いったいどう展開するのか気になります。

呉鳳明は天才的な設計士だったのですね。思いもよらない、井闌車の全貌に驚かされました。張唐将軍の反撃が楽しみです。

みんなの感想

まとめ

  • 李牧から信頼を置かれる趙軍の指揮官副将・慶舎
  • 飛信隊が窮地を救う
  • 魏軍・呉鳳明がついに函谷関に攻め入る

いかがでしたか。先の読めない展開が続きあっという間の25分でした。次回の放送は延期ということで非常に残念ですが、再開を楽しみにしながら、引き続き自粛生活乗り切っていきましょうね。

以上、【キングダム3期】アニメ第4話のネタバレ&感想でした!

NHKで第4話が放送された4月26日、新型コロナウイルスの影響により第5話からの放送は延期されるとTVアニメ『キングダム』の公式Twitterにて発表されました。今後の放送予定に関しては、決定次第番組公式HPなどにて発表されるそう。本当に残念ですが、制作サイドの方々の安全も大切なので致し方ないですね。再開の日を楽しみにしています。

関連記事

キングダム

【キングダム3期】アニメ第3話感想・ネタバレまとめ!〜函谷関攻防戦〜

キングダム

【キングダム3期】アニメ第2話感想・ネタバレまとめ!〜秦国将軍が集う〜

キングダム

【キングダム3期】アニメの放送局・放送日はいつ?声優やキャストは?

キングダム

【キングダム3期】アニメ第1話感想・ネタバレまとめ!〜迫り来る合従軍〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です