啄木鳥探偵處:アニメ第7話感想・ネタバレまとめ!〜大金の行方〜

啄木鳥探偵處
出典:TVアニメ「啄木鳥探偵處」公式サイト

皆さん、こんにちは!石川啄木と金田一京助がタッグを組み、日々起こる謎を解明!しかし、京助と啄木はまだぎくしゃくしたまま。2人はいったいどんな関係性になっていくのか…。このあたりも本作の見どころとなっています。

そんなアニメ『啄木鳥探偵處』第7話のネタバレ&感想をここで紹介!

啄木鳥探偵處:アニメ第7話のあらすじ

ある会社から社員の給料5,000円が盗まれる事件が起きます。犯人はあっけなく捕まるものの5,000円の行方は分からないまま。

そんな中、京助は何か思いつくことがあったようですが、啄木と仲違いをしているため1人5,000円があるであろう場所へ向かうのでした。

さて、5,000円は無事見つけることが出来るのか!?

啄木鳥探偵處:アニメ第7話のネタバレ

事件発生!

朝日新聞社会部の足立と名乗る男がある大会社を訪れてきます。しかし、足立は少し取材をしただけで、手洗いに行ったきり帰ってこなかったのです。そのうえ、社員の給料が入ったカバンがなくなったという知らせが入ってきたため、事件が発覚するのでした。

紳士盗賊

怪盗紳士捕まる

怪盗紳士捕まる

出典:TVアニメ「啄木鳥探偵處」公式サイト

“ミルクホール”では、吉井たちが事件のことを話題にしています。盗まれた金額は5,000円という大金。「5,000円あれば遊んで暮らせる」と言う吉井に「なかにはお金がなくても遊んで暮らしている人もいますけどね。」とトゲのある言い方をする京助。その発言でまだ2人が仲直りしていないことに気付く一同だったのでした。

そんなところへ当の本人である啄木が入ってきます。そこで、大金を盗んだ人物…つまり“紳士盗賊”が捕まったことを知り、啄木は驚くのでした。

犯人逮捕

どの口が・・・

どの口が・・・

出典:TVアニメ「啄木鳥探偵處」公式サイト

現場に残されていた犯人の遺留物・タバコが決め手となり、犯人が捕まったとのこと。同柄のタバコを吸っている人物を突き止めた刑事は、部屋から犯行当時使っていた服も見つけ、見事逮捕したのです。

しかし、大金のありかを白状しないため、お金のありかは分からないまま。そこで、盗まれた会社の社長は「見つけた者には500円の懸賞金を出す」と言い出したのでした。

その話を聞いた啄木は「5,000円と言わずせめて500円でもあれば、皆さんに借りているお金もあらかた返せるのですがね。」とサラッと言い放ちます。

しかし、それを聞いた一同は「どの口が言うのだ。」と呆れ顔をするばかり。

京助の勝利?

そして、啄木の興味は遺留物のタバコにいきます。売っているお店が近くだと知り、「一緒に行ってみませんか。」と京助を誘う啄木ですが「そうやってまた私に買わせる気なんですよね。」と冷たくあしらうのでした。

それでも啄木にタバコ代を渡す京助。そんな態度の2人に「そろそろ仲直りしたらどうだ。」と啄木に言いますが、啄木はなぜ京助が怒っているのか分からない様子。

さて、京助が部屋に戻ると机に“2銭銅貨”が置かれていたのです。“2銭銅貨”について啄木に尋ねると「それはタバコを買ったお釣りだ。」と言うのでした。

そんな啄木に「それは“丸美屋”で買ったんだよね?」と確認する京助。そして「タバコを買った時、他に客はいなかったか?」等と立て続けに質問するのです。

そんな京助の質問に「客がいるはずがない。」と答える啄木。なぜなら「タバコ屋のおばあさんは居眠りをしていたのだから」と答えるのでした。

しかし、京助はそれだけでは終わらず「あのタバコ屋ではおばあさんの他に若い人が働いていませんでしたっけ?」と意図がつかめない質問ばかりするのです。

その娘はタバコ屋の1人娘で、つい最近差し入れ屋に嫁いだという啄木。差し入れ屋というのは“監獄に入っている囚人たちへの差し入れを取り次ぐこと”を仕事にしていると啄木は説明します。

一向に京助の意図をつかめない啄木ですが、京助は何か思いついたようで、啄木の部屋から出ていくのでした。そして、訪れたのは階下の平井太郎の部屋。

翌朝、寝ている啄木の前に現れたのは5,000円を持った京助だったのです。そして「この勝利の快感はたまりませんね。」と笑みを浮かべるのでした。

2銭銅貨の秘密

京助は机上に置かれていた2銭銅貨を不思議に思い、しげしげと眺めます。するとその2銭銅貨は2つに割れ中にはメモが入っていることに気が付くのでした。

京助の考えはこうでした。この2銭銅貨を使って、紳士盗賊が牢の中から誰かと連絡を取っているのではないかという仮定を立てたと言うのです。

紳士盗賊の逮捕は急なものだったため、彼もまた盗んだお金のありかを相棒に伝えることが出来なかったのではないかと言う京助。

そこで、紳士盗賊は牢の中から外部とやりとりをするために2銭銅貨と差し入れ屋を利用したのではないかと京助は考えました。だから2銭銅貨の中に入ってあったメモには大金のありかが暗号で書かれているのだと言うのです。しかし、暗号を解読することができなかった京助は階下の平井の力を借りることにしたのでした。

そんな2銭銅貨がやり取りの中、間違って差し入れ屋の女房、つまりタバコ屋の娘に行き渡ったと考えられなくもないと言うのです。そんな京助の推理を聞いて啄木は「都合のいい推理、もはや想像だ。」と言うのでした。

しかし、現に5,000円もの大金は京助のもとにあります。平井の推理で見事暗号を解くことができ、お金のありかが分かった京助と平井。メモに書かれていたのは以下の3つでした。

  • お金のありかは小道具を扱う店・シンユウ堂
  • 依頼主の名前はタガネハジメ
  • 指示は小道具の札を受け取ること

このように京助はタガネハジメのふりをして、見事“しんゆう堂”から5,000円のお金を受け取ることに成功したのでした。

仲直り

見事5,000円の行方を言い当てた京助に感心する啄木。そして啄木は「僕を許してくれないか。」と仲直りを乞い、2人は無事仲直りすることに。

さて、京助が“しんゆう堂”から持ち帰ってきた5,000円。京助は警察に届けて、懸賞金の500円をもらう予定だと啄木に言います。

しかし、啄木は「紳士盗賊が命を懸けて守ろうとした金だから盗られたと知ったら復讐にくるし、京助が盗ったこともすぐにバレる」と言うのです。

さらには「5,000円もの大金が盗られたとなると1人や2人…。」となぜか脅すような言動まで言い出し…「お金というのは人を狂わせてしまう。」と京助が盗ってきたお札を1枚抜き取って見せるのでした。

渡されたお札を見るとそこには京助の肖像画が…!何が何だかさっぱり分からない京助ですが、啄木は大笑い。実は全て啄木の企みだったのです。

受け取り人“タガネハジメ”

受取人の名前は“タガネハジメ”これを漢字に直すと“田金一”、それを入れ替えれば“金田一”となり、京助のことを指すのだと種明かしをする啄木だったのです。

「京助があまりにも意地をはるから少し意地悪してみたくなった」と言う啄木だったのでした。

告発者X

さて、ミルクホールで新聞を広げている啄木。そこには奇術師の鑑(蝙蝠人間)が殺された事件のことが載っていました。そして、鑑の部屋からは雇い主を告発する手紙が見つかったというのです。

啄木は「その雇い主の悪事がこれから次々と露見してくるはずだ」と言います。荒川銅山事件、女中殺しと最近起こった事件は全て告発状が書かれていることを指摘する啄木。まるで社会問題を世間の明るみに出すことが目的のようだと言うでした。

これら全ての事件に関わっている人物…つまり“告発者X”がいるのではないかと考える啄木だったのです。

不吉な予感

“ミルクホール”からの帰り道、啄木はお円から手紙がきたことを話します。そこには、旦那は思いのほか善人で、お円の両親の借金も肩代わりしてくれたといいます。

そこで京助は啄木がお円のためを思って身請け話を援助したのではないかと考えるのでした。もう少し値段を釣り上げてやれば良かったかな。と冗談めかして言う啄木ですが、その時、啄木は咳き込んでしまうのでした。

啄木鳥探偵處:アニメ第7話の感想

大金を華麗に盗んでいく盗賊。そしてそれを執拗なまでに追いかける刑事…。怪盗紳士を彷彿とさせました。また2銭銅貨も江戸川乱歩の作品を思い起こさせ、遊び心満載だな。と思わされましたね。

真面目な金田一に対して不真面目な啄木。全く合わない2人なのになぜかしっくりくるコンビです。また、お金にルーズな啄木に対して怒っている京助と同じくお金を貸しているであろう吉井たちの反応が正反対でうまく対比されているな。と感じました。

吉井たちは啄木に対してもう諦めのような気持ちを持っているのでしょうか。それとも京助と同じく尊敬の念を持っているからこそなのでしょうか。何にしてもクズなだけではない啄木の魅力に皆何かしら惹かれているんだろうな。と思います。

そんな啄木が何やら不吉な病の予感がして終わってしまった第7話。第1話で啄木は皆より早く死ぬことが描かれているので、ある程度予想はつきますが、それでもツラいものがありましたね。

啄木の今後、そして“告発者X”は意外な人物だと判明するのでしょうか。

みんなの感想

まとめ

  • 名探偵・京助爆誕?
  • 啄木の風邪
  • 黒幕“告発者X”

いよいよ物語も佳境に入ってきたのでしょうか。啄木の病が描かれるようになりました。そして本作品1話からの黒幕となりそうな“告発者X”もチラついてきて、物語がより面白くなってくるのではないでしょうか。

以上、アニメ『啄木鳥探偵處』第7話のネタバレ&感想でした。次回もお楽しみに!

関連記事

啄木鳥探偵處

啄木鳥探偵處【最終回】:アニメ第12話感想・ネタバレまとめ!〜告発者X・意外な正体〜

啄木鳥探偵處

啄木鳥探偵處:アニメ第11話感想・ネタバレまとめ!〜恨みはらす也〜

啄木鳥探偵處

啄木鳥探偵處:アニメ第10話感想・ネタバレまとめ!〜啄木と周囲〜

啄木鳥探偵處

啄木鳥探偵處:アニメ第9話感想・ネタバレまとめ!〜悲しき結末〜

啄木鳥探偵處

啄木鳥探偵處:アニメ第8話感想・ネタバレまとめ!〜個性的な依頼人〜

啄木鳥探偵處

啄木鳥探偵處:アニメ第6話感想・ネタバレまとめ!〜夜の町を徘徊する人形〜

啄木鳥探偵處

啄木鳥探偵處:アニメ第5話感想・ネタバレまとめ!〜歌合戦と啄木の企み〜

啄木鳥探偵處

啄木鳥探偵處:アニメ第4話感想・ネタバレまとめ!〜ノドノツキに秘められた意味〜

啄木鳥探偵處

啄木鳥探偵處:アニメ第3話感想・ネタバレまとめ!〜絡み合う感情が起こした悲劇〜

啄木鳥探偵處

啄木鳥探偵處:アニメ第2話感想・ネタバレまとめ!〜容疑者金田一京助〜

啄木鳥探偵處

啄木鳥探偵處:アニメの放送局・放送日はいつ?声優やキャストは?

啄木鳥探偵處

啄木鳥探偵處:アニメ第1話感想・ネタバレまとめ!〜こころよい仕事〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です