新サクラ大戦:アニメ第4話感想・ネタバレまとめ!〜友情満開、千年桜〜

新サクラ大戦
出典:テレビアニメ『新サクラ大戦 the Animetion』

皆さんこんにちは!今回は『新サクラ大戦』の第4話の感想・ネタバレをしていきます!
まだご覧になっていない方は閲覧にご注意くださいね。

前回、莫斯科華撃団の隊長ヴァレリーやクラーラの姉レイラが登場しただけでなく、帝国華撃団との圧倒先な力の差を見せつけられた回でしたね。

初穂が自棄になってしまっていた原因も今回明らかになるのでしょうか?まずはあらすじから早速見ていきましょう!

新サクラ大戦:アニメ第4話のあらすじ

さくらは、隊長命令を無視したり、単独行動をしようとしていた初穂の様子が気になり部屋を訪れますが、扉には「実家に帰る」との張り紙が。

花組のメンバーは心配しますが「お祭りの手伝いで帰ったのでは」と話し、さくらも手伝いに行くことにします。一緒に行きたいと言うクラーラと一緒に、初穂の実家である東雲神社に向かう。

新サクラ大戦:アニメ第4話のネタバレ

ここからはアニメ第4話のネタバレになります。

初穂の置手紙

初穂とさくら

初穂とさくら

出典:テレビアニメ『新サクラ大戦 the Animetion』

すみれ司令官は神山隊長と連絡を取り、クラーラの移籍の手続きについて聞いていました。神山は、何かと理由をつけてたらい回しにされておりまだ終わらないと話します。

それに対しすみれ司令官はやはり…と言い、日本に新生莫斯科華撃団を名乗る一団が現れてクラーラを返して欲しいと要求してきたことを告げ、世界華撃団連盟に問い合わせをしても明確な返事はもらえず、当事者同士で話し合いをしてくれの一点張りだと話します。

新生莫斯科華撃団については聞いたことがないと言う神山は、自分の方でも色々と探ってみると言います。

一方その頃、さくらは初穂の部屋の前まで来ていました。先日の降魔との対戦の時の初穂の様子が気になっていたのです。ノックをしても返事はなく視線を落とすと、扉の下の方に『実家に帰る』と書いてある張り紙を見つけます。

初穂が実家に帰ったことを花組メンバーに伝えますが、クラリスはもう帰ってこないのではと慌てます。さくらは咄嗟に、春祭りの時期だから手伝いに帰ったのでは、と話します。自分も手伝いに行ってくると言うさくらにクラーラは一緒に行きたいと言い一緒に行くことに。

東雲神社に到着するとその大きさにクラーラは驚きます。もう少しすると桜が咲いて綺麗で、奥にはご神木の大きな千年桜があってとっても綺麗だと話します。小さいころは遠くに住んでいて毎年父親に連れてきてもらっていたさくらは、そこで初穂と遊ぶのが待ち遠しかったと話します。

春祭りの準備

実家である東雲神社に帰っていた初穂は、さくらに嫉妬して一人突っ走っていたことを悔やむ一方で、嫉妬心を捨てきれずさくらともぎくしゃくしてしまったことに悩んでいました。
そこへさくらとクラーラがやってきます。

急に春祭りを思い出したと言う初穂にさくらは本当にそうなのかと疑いの目を向けます。ギクッとなる初穂にクラーラでさえも何かを隠しているとバレバレの初穂なのでした。

結局何があったのかは教えてくれませんでしたが、春祭りが明日なのは事実だから自分たちも手伝うと言うさくらとクラーラに、初穂もしょうがないと言いつつ一緒に準備を進めることに。

その頃、帝国劇場であざみはこまちに呼び止められていました。あざみはこまちに、莫斯科華撃団の壊滅の真相について調べるように頼んでいたのです。何かわかったのか問うあざみに、こまちは莫斯科華撃団壊滅時に移された極秘資料で、事件があったとされる場所の写真を1枚差し出してきます。

そこに映っていたのはなんとクラーラでした。こんな近くにいて、他のメンバーは全員大怪我をしていたのに一人だけ無傷であるのはおかしいと言うこまちに、あざみは調べてくると言ってクラーラの様子を観察することにします。

東雲神社に到着したあざみは、春祭りの準備をしているさくら達を見て楽しそう、と羨望のまなざしで見つめるのでした。

さくらと初穂

お祭りの前夜祭

お祭りの前夜祭

出典:テレビアニメ『新サクラ大戦 the Animetion』

春祭りの準備ももうすぐ終わる頃、さくらはちょっと出てくると言って初穂とクラーラの二人で残りの準備を進めます。着々と準備は進んでいき、終わる頃にさくらが戻ってきて持ってきたものはクラーラとさくらのお揃いの浴衣でした。

初めて浴衣を着たクラーラが喜んでいると、初穂とさくらの小さいころの写真が飾ってあるのを見つけ手に取ります。さくらが懐かしいと言って見ているとクラーラが突然頭を抱えて苦しみ出しますが、しばらくすると頭痛は治まり、二人はお祭りの前夜祭である宵宮を見ることに。

二人が宵宮を見よう舞台の前で待っていると、出てきたのは初穂でした。華麗に舞う初穂に二人は目を奪われていきます。

その光景を見ているとクラーラがまた苦しみ出します。一人の女性が踊っている姿が頭に浮かびます。シルエットだけですが、恐らくレイラでしょうか。

宵宮が終わり、さくらとクラーラは初穂の元へ。来年は花組全員で花まつりに来ようそしてみんなで千年桜を見よう、というさくらに初穂は、あの時から咲かないんだと言います。

あの時とは、さくらと初穂が小さいころ、二人で踊りの練習をしていた時のことでした。その頃さくらは踊りが苦手ですぐに転んでしまうほどで、何でもできる初穂にずるい!と言って帰ってしまい、更にその後さくらの父親の仕事がなくなり東雲神社に来ることが出来なくなってしまった為、そのまま喧嘩別れをしていたのでした。

初穂はそのことを知らずにさくらが怒って来たくないと思っているんだと、さくらは来られなくなったことで千年桜が咲かなくなってしまったことは知らなかったとお互いに思い違いをしていることに気付きます。そしてお互いの気持ちをぶつけ合い、改めて自分たちは親友でしょと、手を取り絆を確かめ合うのでした。

そんな二人を見ていたクラーラは頭に浮かんだ女性(レイラ)と手を取り合う光景がさくらと初穂の二人と重なって見え、二人に近づき手を重ね、記憶の中の美しい桜を思い出すに言います。

クラーラに言われた通り目をつむる二人。そこでクラーラの左目が赤く光り、千年桜に命が吹き込まれるように光った後綺麗に桜が咲き誇りました。驚く二人ですが、クラーラは友達が悲しんでいるときに手を差し伸べるのは当たり前だと言って三人は笑い合います。

その様子を陰でずっと見ていたあざみは、クラーラの光った目に疑問を持つところで第4話は終わりました。

新サクラ大戦:アニメ第4話の感想

管理人の感想

今回はさくらと初穂の友情回でしたね。

裏でこそこそしているあざみがちょっと可愛かったです。浴衣、着ればいいのに…(笑)

クラーラは終盤で力?を使っていましたが、何かを思い出したんでしょうか?あのシルエットは間違いなくレイラだとは思いますが、どうなんでしょうか。

そして、こまちが今回の功労賞!今後も情報収集してくれることに期待したいと思います!

みんなの感想

まとめ

  • 世界華撃団連盟の対応に不信感
  • さくらと初穂の絆
  • クラーラの謎の力

今回はアニメ『新サクラ大戦』の第4話のネタバレ・感想を紹介しました。

さくらと初穂の話がメインでしたが、裏で情報を集めようと奮闘するあざみの姿も必見でしたね。また、前回と違って全体的にほっこりする回だったのもよかったです。

さて、クラーラの力を目撃したあざみがどう出るのかが気になるところです。

次回もネタバレを書いていきますので、お楽しみに。以上、『新サクラ大戦』アニメ第4話のネタバレ・感想でした!

関連記事

新サクラ大戦

新サクラ大戦【最終回】:アニメ第12話感想・ネタバレまとめ!~大団円、明日への希望〜

新サクラ大戦

新サクラ大戦:アニメ第11話感想・ネタバレまとめ!~悲恋幻想!レイラの想い〜

新サクラ大戦

新サクラ大戦:アニメ第10話感想・ネタバレまとめ!~帝都壊滅?ツングースカの怒り〜

新サクラ大戦

新サクラ大戦:アニメ第9話感想・ネタバレまとめ!~驚天動地!クラーラの真実〜

新サクラ大戦

新サクラ大戦:アニメ第8話感想・ネタバレまとめ!~波乱万丈!華撃団大戦〜

新サクラ大戦

新サクラ大戦:アニメ第7話感想・ネタバレまとめ!~隠密作戦、デートを追え〜

新サクラ大戦

新サクラ大戦:アニメ第6話感想・ネタバレまとめ!~奇々怪々!黒マントの正体〜

新サクラ大戦

新サクラ大戦:アニメ第5話感想・ネタバレまとめ!~クラーラの秘密を探れ〜

新サクラ大戦

新サクラ大戦:アニメ第3話感想・ネタバレまとめ!〜帝都激震、新生莫斯科華撃団〜

新サクラ大戦

新サクラ大戦:アニメ第2話感想・ネタバレまとめ!〜正体不明の白マント〜

新サクラ大戦

新サクラ大戦:アニメ第1話感想・ネタバレまとめ!〜堂々開幕、新生華撃団〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です