【虚構推理】第9話虚構推理VS掲示板開始!ネタバレ感想

虚構推理 9話 ネタバレ感想

皆さんこんにちは!
今回は『虚構推理』第9話のネタバレ記事となっていますので、まだ見ていない方はネタバレ注意です!

アニメ『虚構推理』盛り上がっていきましたよね~。第9話のタイトルは「鋼人七瀬攻略会議」となっています。岩永琴子の推理を掲示板にどんどん書き込んでいきます。

岩永琴子の推理は一体どのようになっていくのでしょうか。それでは推理を見ていきましょう!

【虚構推理 第9話】二人の目的

第9話は、琴子の虚構推理が開始されました。最初に、岩永琴子と桜川六花の目的を整理しましょう。

①岩永琴子は「鋼人七瀬が虚構であるという信頼」を得ること。
②桜川六花は「鋼人七瀬の実体」を得ること。

以上を踏まえて、ストーリーを見ていきましょう!

【虚構推理 第9話】岩永琴子の虚構推理VS掲示板

琴子はまず、掲示板に「鋼人七瀬の存在」について疑問を呈しました。さらに「寺田刑事殺害事件」についても合わせて書き込みました。

鋼人七瀬に対して関心が高まっているため、掲示板は当然琴子の切り出しに食いついてきます。そこで琴子が一つ目の解決を持ち出します。

犯人は鋼人七瀬を作り出す必要があった?

琴子

出典:あらすじ | アニメ「虚構推理」公式サイト

琴子は「寺田刑事殺害のために鋼人七瀬を作り上げた」と主張します。

寺田刑事は優秀な刑事でした。市内の事件には常に目を光らせていたため、犯人はそこを利用したのです。

鋼人七瀬はネットの噂にすぎませんでしたが、犯人は鋼人七瀬に扮し、連続傷害事件を起こしました。これにより、鋼人七瀬は実体化したのです。

しかし、普通の人間は信憑性に疑問を持つでしょう。それを看過しないのが優秀な刑事である寺田刑事です。

連続事件には何かの「企み」があると考え、単独捜査に乗り出します。これにより寺田刑事は一人になる。これこそが犯人の目的でした。

鋼人七瀬の殺害方法は?

鋼人七瀬

出典:あらすじ | アニメ「虚構推理」公式サイト

掲示板の人達がだんだんと琴子の話に耳を傾けだします。

ではどのように寺田刑事を殺したのか、琴子はさらに推理を続けます。寺田刑事が単独捜査に乗り出したことを確認すると、犯人は自ら寺田刑事に連絡します。内容は「鋼人七瀬に襲われたが、痕跡が残されている」というものです。

そして、寺田刑事を殺害現場のガソリンスタンドに誘い出すことに成功。寺田刑事が来る前に、犯人は殺害準備をします。

ガソリンスタンドの屋根に、振り子の仕掛けをします。振り子が振り下ろされたとき、寺田刑事の顔面にちょうど重りが当たるように。振り子の稼働は、遠隔操作で行えば問題ありません。

この殺害方法であれば、ガタイの良い寺田刑事であっても無防備に殺された、ということです。あとは仕掛けを回収し、証拠を隠滅すれば問題ありませんよね。

掲示板の疑問

掲示板

出典:あらすじ | アニメ「虚構推理」公式サイト

しかしこの殺害方法には疑問も残ります。

・人の目があるのでは?

ガソリンスタンドは国道の真横です。車が多く通る場所では、大仕掛けな殺害方法はリスクがあります。琴子はこれに対し、犯人はすでに交通量を調査済みであったと主張します。

・後ろからの方が気づきにくいのでは?

真正面からの撲殺は避けられてしまう場合も考えられますよね。琴子はこれに対し、結果的に真正面になっただけだと答えます。

本当は後ろから振り子が来ていたのですが、優秀な刑事は物音にも敏感なはず。後ろを振り向くとすでに振り子は目前まで迫っていたため、結果的に真正面から受けることになったのです。

これが犯人の意図かどうかは分かりませんが、大事なのは結果。結果として犯人は寺田刑事を殺害できたということです。

・殺害方法が大掛かりすぎる

全てにおいて手間がかかっている事件ですよね。わざわざ鋼人七瀬に擬態したり、振り子の装置を用意したりしていることになりますから。

琴子はこれに対し、犯人は出来るだけ自分に容疑がかからないようにするためだった、と答えます。

屈強な男を真正面から撲殺したとなると「殺した相手よりも屈強な男性」という犯人像が出来上がります。しかし、琴子はこれの真逆の存在を指摘。

つまり「女性」が犯人であると主張しました。

犯人像の特定

琴子は2つの可能性の消去について指摘します。

・犯人が女性なら、恋人でない男性と夜中に二人きりという可能性は捨てられる。
・無抵抗の男性を真正面から撲殺できる可能性も捨てられる。

つまり、女性は捜査の対象から外れることが出来ます。「鋼人七瀬の実体化」も捜査の手が届かないようにするためでした。

ここからさらに犯人を絞り込みます。今までの要素を合わせてみましょう。

・寺田刑事の優秀さを知っていた。
・寺田刑事の身長を確認できる。
・夜中に呼び出しをかけても不審がられない。
・女性である。

ここから導き出される結論は「寺田刑事と同じ署に務める女性警官」です。動機に関しては想像の域を出ませんが、琴子は感情的なもつれだと推測します。

以上から、「鋼人七瀬は寺田刑事殺害のための殺人装置」と考えさせることが出来ます。

犯人像の女性警官とは?

弓原紗季

出典:あらすじ | アニメ「虚構推理」公式サイト

琴子は具体的な犯人像を指摘したことで説得力を持たせましたが・・・。

ここで皆さん、琴子が犯人にでっちあげた「女性警官」が誰だか想像しやすいですよね。琴子が言っているのは「弓原紗季」のことですよね!

琴子にとっては、見ず知らずの女性警官をでっちあげるわけにはいかないので、紗季を利用させてもらったのでしょう。

【虚構推理 第9話】虚構争奪議会

六花

出典:あらすじ | アニメ「虚構推理」公式サイト

上手く琴子の推理に誘導しましたが、流れが逆転します。

琴子の推理に説得力が生まれていたのは、桜川九郎が鋼人七瀬と戦い、死ぬことで未来決定能力を引き出した結果なのですよね。

しかし、九郎の能力を使っても「亡霊説」が根強いのは、桜川六花の未来決定能力が引き出されているからです。

元々はネット上の亡霊説が有効だったので、六花が一度死ぬだけでも「亡霊説」に流れを逆転できます。掲示板の書き込みの中も、六花本人が書き込んだ可能性も琴子は分かっています。

こんな内容の掲示板に荒らしが表れないのも、六花がその未来を望んでいるから。最初から六花の方が有利な状況から始まっています。

しかし、この場は「虚構」なのです。琴子と六花は虚構を取り合っているのです。

それでは、琴子はこれからどう流れを持っていこうとしているのでしょう?

【虚構推理 第9話】4つの解決

今現在、琴子が提示した解決は4つあるうちの1つだけです。

掲示板にいる人達は様々な考えを持っています。それならばこちらも様々な解決法を提示し、考えを引き寄せればよいのです。六花の案が「足りないもの」だと思わせれば琴子の勝ちなのです。

何度死んでも生き返り、未来をつかみ取る九郎を信じ、琴子は自分の勝利も確信しています。いや~、これからの解決が楽しみですね!

【虚構推理 第9話】みんなの感想

まとめ

  • 鋼人七瀬の虚構を主張
  • 六花と琴子の虚構争奪戦
  • 琴子は4つの解決で勝利すればよい

今回は1つ目の解決だけでしたが、次回予告を見る限り、次は2つ目と3つ目の解決が見られそうですね!

琴子が虚構であっても本当のことだと信じさせるための説得力がすごいですよね。これからどんな虚構推理が繰り広げられるのか、目が離せません。

実は、実際に「鋼人七瀬まとめサイト」が実在するので、興味のある方はアニメと合わせて見てみてください!

以上、アニメ『虚構推理』第9話のネタバレ・感想でした!

虚構推理 くだん

【虚構推理】件(くだん)と人魚から得たものは?九郎の能力に迫る!

虚構推理 破瓜の痛み

【虚構推理】琴子の「破瓜の痛み」発言にファンがざわつく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です