ランウェイで笑ってに出てくる星縫いって何?モードの意味も紹介!

ランウェイ 星縫い

『ランウェイで笑って』というアニメは、主人公がファッションデザイナーになるというものです。ファッションデザイナーになるまでの色々な試練や、いろいろな人との出会いが描かれています。

たまに人の足元を見た取引なども展開されているので世の中の裏表も知ることができるアニメとなっています。このアニメでは様々な専門用語が登場します。それを一つ一つ紹介をしていきます。

ランウェイで笑ってに出てくるモードって何?

このアニメに出てくる「モード」とはフランス語で「ファッション」という意味です。モードはファッションや、髪型のコレクションの最新のものを言います。

日本では「平凡なオシャレ」という意味で使われています。ランウェイで笑ってというアニメは、ファッション業界を舞台にしたストーリーです。

パリコレのモデルを目指す千雪と、デザイナーを目指す育人が主人公のアニメです。パリコレに出るためには身長が高くなければいけません。千雪は小学4年生で158cmありましがそこから1cmも延びることはありませんでした。

パリコレに出るためには最低でも「175cm」必要です。それでも千雪はあきらめずに、パリコレのモデルになるために努力をします。

モード(MODE)とはフランス語で流行やファッションという意味があります。ファッションや髪形のコレクションにおける最新のものをさします。非凡なおしゃれという解釈もあり、モテるためというよりは、服飾や髪形そのものを楽しむ精神ととらえられます。パリコレなどのファッションショーを思い浮かべると分かりやすいかと思いますが、日常では着たりすることはできないが、その年の流行りを象徴しているデザインのものです。

引用:【完全版】今さら聞けないモード系ファッションの意味と着こなし術

ランウェイで笑ってに出てくる星縫いって何?

ランウェイで笑ってのミニアニメで「星縫い」という言葉が登場しました。星縫いとはところが目立たないように、星みたいに小さな針目になる縫い方です。

星縫いという方法は、ファスナーやポケットを付けるときに使います。 ミシンでも普通に星縫いくらいはできますが、記事の裏面も縫い目が目立たない両星縫いは手でやらないとできないみたいです。

星縫い

出典:手縫いの縫い方

ランウェイで笑ってに出てくるパタンナーとは?

ファッションデザイナーがイメージしたデザインを参考に、アパレル・ファッション分野の型紙を作ることを専門にしている人を「パタンナー」と言います。

このアニメでは専門用語がいくつか出てくるので、分かる人にしかわからないかもい知れません。ちなみに日本でパタンナーという人はファッションデザイナーのアシスタントみたいなものだと思われがちですがファッションデザイナーとパタンナーは対等な関係にあります。

パタンナーは、洋服などのファッションアイテムをつくるときに、ファッションデザイナーが描いたデザイン画から型紙(パターン)を作製する仕事です。ファッションデザイナーが紙に書いたデザイン画を、立体的にイメージし、布地の素材や慣性系を考えながら、型紙に起こしていきます。ときには何もない状態から型紙を作ることもあり、高度な技術と専門的な知識が求められる仕事です。そのほか、製造工程で裁断や縫製を行う場合に指示や確認をすることも仕事の一部です。

引用:職業情報サイト キャリアガーデン

まとめ

  • 「モード」とはフランス語で「ファッション」という意味。
  • 「星縫い」とは縫ったところが目立たないように、星みたいに小さな針目になる縫い方。
  • 「パタンナー」とはファッションデザイナーがイメージしたデザインで型紙を作る人。

ランウェイで笑ってというアニメは、ファッション業界を舞台にしているのでファッション系の専門用語がたくさん出てきます。その中で「モード」という言葉も出てきますが、これはフランス語でファッションという意味です。

ほかにも、最新のものという意味でも使われるようですが、日本では平凡なオシャレという場合に使うことが多いみたいです。そしてパリコレを目指すなら、最低でも身長は「175cm」ないとダメらしいです。

実在するモデルの松岡モナさんは身長180cmで、冨永愛さんは身長179cmです。松岡モナさんと冨永愛さんはパリコレや、ニューヨークコレクションに参加しています。

海外だと184cmとか185cmといった背の高いモデルの人がたくさんいます。海外に進出するスーパーモデルたちは、背が高いというだけで武器になります。背が低いのはモデルの世界ではそれだけで不利になります。

ランウェイで笑ってのミニアニメでは「星縫い」という言葉が出てきました。星縫いとはファスナーやポケットに使用される方法で、星みたいに小さな縫い目になる方法らしいです。

ミシンでも星縫いはできますが、両星縫いという方法は手でやらないとできないみたいですね。星縫いというのは、個人的にややこしそうな縫い方のように感じます。裁縫をしたことがある人なら、星縫いは簡単にできるかもしれませんね。

このアニメでは、パタンナーという言葉も出てきます。パタンナーとはファッションデザイナーがイメージしたデザインを参考に型紙を作る人の事です。そうしたパタンナーは、服を見ただけでどういう型紙なのかがわかるらしいです。

以上、「ランウェイで笑ってに出てくる星縫いって何?モードの意味も紹介!」でした。

ランウェイで笑って お母さん

【ランウェイで笑って】お母さんの遺書とは?ネタバレ注意!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です