井崎英典は福岡在住のバリスタ?プロフ経歴やお店の人気を調べてみた

エンタメ

世界的バリスタとして活躍する井崎英典さんは、コーヒーのプロで洗練された味は多くの人を魅了しています。

コーヒーは自動販売機からプロが入れるコーヒまで幅広く、コーヒーが生活の一部という人も多いと思います。

そこで井崎英典さんのプロフィールや経歴についてや、世界一のバリスタに輝くまでの軌跡を紹介していきます。

井崎英典:プロフ経歴

井崎 英典

井崎 英典

出典:井崎 英典 | Hidenori Izaki
名前井崎 英典(いざき ひでのり)
生年月日1990年3月(日にちは不明)
出身地福岡県福岡市南区
職業コンサルタント・コーヒーエヴァンジェリスト(コーヒーの伝道師)
最終学歴法政大学国際文化学部
特技バドミントン

今では井崎英典さんは世界一のバリスタになりましたが、順風満帆な人生ではなくヤンキーで高校中退など波乱万丈といった感じです。

高校にバドミントンの特待生として入学し寮生活しているうちに、ここにいなくてもビッグになれると漠然とした思いで高校を中退しています。

いざ高校中退するも自分自身の力のなさを痛感し、フラフラしているときに実家のコーヒー店を手伝うことになります。

この時に実家のコーヒー店を手伝ったことが人生の転機となり、朝5時から夜の12時まで予備校とバリスタの勉強を重ねていきます。

当初はバリスタを目指したのも「モテたい」との理由でしたが、バリスタの勉強をしていくうちにコーヒーに魅せられます。

バリスタの世界チャンピオンになるために英会話は必須なので、法政大学国際文化学部に進学しています。高校中退したときに自分にはコーヒーしかない気持ちが強かったのも、世界一のバリスタになれた大きな要因だと思いますね。

井崎英典:バリスタって何?稼げるの?

バリスタ

一度はバリスタという言葉は聞いたことがあると思いますが、バリスタとは何なのか説明出来る人は少ないかもしれません。

バリスタはコーヒーを入れるプロというイメージで、とにかくコーヒーの知識が深いという漠然としたイメージでした。バリスタとは「コーヒを入れるプロ」なのは当然ながら、お店(バーで働く人)という意味合いです。

簡単にイメージしやすいのがワインのプロがソムリエで、コーヒーのプロがバリスタというイメージで問題ありません。

そしてバリスタの仕事は稼げるのかについては、どの仕事も同じですが個人の能力次第で年収も大きく変わってきます。

バリスタと言ってもお店に雇われる場合と独立開業で年収も大きく変動し、独立しても立地条件や口コミで年収はバラバラですね。

井崎英典さんの年収は公表されていませんが、間違いなく数千万円は稼いでいると思われます。

井崎英典:お店の評判は?

井崎英典さん自身のお店は現在はありませんが、実家のお店「ハニー珈琲」のコーヒーは美味しいと評判ですね。

井崎英典さんの父親である克英さんが「ハニー珈琲」の社長を務め、美味しいコーヒー豆を求めて世界中を駆け回っています。

「ハニー珈琲」はスペシャルティコーヒー専門店なので、敷居が高いんじゃないかと思ってしまいました(笑)。しかし社長の克英さんいわく敷居も低すぎて埋まってしまうほど、誰でも気軽に入れるお店だと話しています。

「ハニー珈琲」は福岡県を中心に店舗が複数あり、福岡県で「ハニー珈琲」を知らない人はいないくらい有名ですね。

福岡県に行けなくても「ハニー珈琲」のオンラインショップもあるので、世界一のバリスタを生んだ原点の味を堪能することもできます。

厳選されたコーヒー豆から抽出される研ぎ澄まされた味は、一度飲んだら忘れられない味が「ハニー珈琲」のこだわりですね。

■ハニー珈琲本店

井崎英典:落ちこぼれからバリスタ世界一に!

井崎英典さんが音こぼれからバリスタ世界一になるまでの過程は、コーヒーを吐くまで飲むなど壮絶です。

私が驚いたのが東京の大学に通いながら、週末や連休に長野県にある丸山珈琲で働いていたことです。大学に通うだけでも私なら疲れ果ててしまいそうですが、井崎英典さんは学業と仕事を両立しほぼ休みもない毎日を過ごしています。

普通なら辛いと感じて挫折すると思いますが、井崎英典さんのコーヒーに懸ける情熱が突き動かしてると感じましたね。

高校を中退して宙ぶらりんの状態から実家のコーヒー店を手伝い、バリスタとしてアジア人初の世界チャンピオンに輝きました。

井崎英典さんは世界各地でコーヒーの素晴らしさを伝えながら、アジアにもコーヒー文化を根付かせるという壮大な目標にチャレンジしています。

学歴も大事なのは間違いありませんが井崎英典さんをみて思うことは、どんな事でも本人の強い気持ち次第だなと再確認させられましたね。

まとめ

世界一のバリスタでコーヒーのプロである井崎英典さんは、自宅でも美味しいコーヒーを入れるコツも伝授しています。

井崎英典さんは世界中の人にコーヒーの魅力を日々伝えていて、コーヒーの美味しさに国境はないのも魅力だと思います。

井崎英典さんはマクドナルドのコーヒーを監修してるので、より身近で井崎英典さんを感じられるマックコーヒーもオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です