風と共に去りぬ(映画)が配信停止?キャストやあらすじってどんなの?

映画

アメリカ南北戦争時代を描いた名作「風と共に去りぬ」。現在、この不朽の名作ともいわれているこの作品が、配信停止の危機に陥っているといいます。

なぜ、風と共に去りぬは配信停止となってしまったのでしょうか?配信停止の原因は、その内容?それとも、出演者など関係者が原因?

今回は、本作の配信停止理由とともに、キャストやあらすじなどといった「風と共に去りぬ」映画情報をお送りします。

風と共に去りぬ:配信停止理由

風と共に去りぬの配信停止発表があったのは、2020年6月9日のこと。米動画ストリーミングサービス「HBO Max」より「1939年公開の映画「風邪と共に去りぬ」の配信停止」の発表がありました。その理由は「人種差別的であるから」というもの。

本作では、アメリカ南部を舞台に黒人の奴隷制が描かれています。これについては、かねてより批判が相次いでいたものでしたが、これまでは見過ごされてきたのだそう。

しかしながら、昨今の「白人警官による黒人暴行死」の影響で国民が暴徒化。抗議が広がってきたことを危惧し、このような結果としたということでした。

ただ、同社は「この映画には人種的偏見が描写されている。このような行いは間違っている。」としたうえで、今後、内容に十分な配慮をしたうえで配信を再開するとしています。

この十分な配慮とは、「映画の歴史的な意味合いや、差別の表現への批判などの説明を加える」ということなのだそう。はたして、その配慮で配信開始が可能となるのでしょうか。

日本人にはあまり身近な問題ではないこれら人種差別問題ですが、映画にまで影響が出るとは、何ともいえない気持ちになりますね。

風と共に去りぬ:あらすじなど映画情報

風と共に去りぬ

風と共に去りぬ

出典:Wikipedia

あらすじ

舞台は、1861年、南北戦争勃発前のアメリカ南部。大富豪の娘として生まれた絶世の美女スカーレット・オハラは、ある日、思いを寄せていた名家の跡取りアシュレーの結婚話を耳にすることになります。

アシュレーの相手は彼の従妹のメラニー。怒り悲しむスカーレットは、嫉妬から行動をとってしまうのでした。

そんな中、ついに南北戦争が勃発。スカーレットは、意志の強さとその美貌を用いてその激動の最中を逞しくいきていきます。

映画情報

本作は、マーガレット・ミッチェル作・ベストセラー小説「風と共に去りぬ」が原作となっています。映画は1939年に制作され、40年にはアカデミー賞作品賞を受賞。その他、アカデミー賞主演女優賞など様々な部門(計10部門)で賞を獲得しました。

アメリカ至上、大成功を収めた作品として有名で、今日まで愛され続けてきた作品です。内容的には、南北戦争という激動の時代の中で戦い生き抜いてきた女性たちの姿が描かれているのですが…。

しかし、その一方で、奴隷制を肯定するような内容も含んでいます。この事に関し、脚本を手掛けたジョン・リドリー氏はこのようにコメント。

「映画は、南部連合が米国から分離を目指したのは、奴隷制維持よりも崇高な目的があったと美化している」

つまり、本作品では南北戦争の南部の本来の目的(黒人奴隷制度を守りたいというところ)を無視し、美化。彼ら(南軍)の活動をロマンチックの描くことでそれを「高貴なもの」と位置づけし、正当性を主張したとのことでした。

映画やドラマなどといった物語に多少の脚色はあった当たり前のもの。しかしながら、このような人種差別問題では、それが許されない計り知れない根の深さがあるようです。

不朽の名作といわれた「風邪と共に去りぬ」ではありますが、その立場は今危ういのかもしれません。

風と共に去りぬ:キャスト

それでは、そんな不朽の名作「風邪と共に去りぬ」に出演したキャストをご紹介しましょう。キャストも名優と呼ばれた俳優陣が選ばれています。

スカーレット・オハラ役/ヴィヴィアン・リー

ヴィヴィアン・リー

ヴィヴィアン・リー

出典:Wikipedia

ジョージア州タラの農園主の娘。気性が強く、自惚れ屋。自身の美貌を生かし、その詳細と意志の強さから南北戦争という混乱期を強く生き抜いていく。

レット・バトラー役/クラーク・ゲーブル

クラーク・ゲーブル

クラーク・ゲーブル

出典:Wikipedia

後にスカーレットの夫となる男性。野心家・自己中心的であり、思ったことはズバズバ口に出すタイプ。出会ってすぐ、スカーレットに好意を抱く。

アシュリー・ウィルクス役/レスリー・ハワード

レスリー・ハワード

レスリー・ハワード

出典:Wikipedia

メラニーの夫で、スカーレットが思いを寄せる男性。メラニーを心から愛しているものの、そのことを上手くスカーレットに伝えられないため、結婚してもなお、スカーレットから思われ続けることに。

メラニー・ハミルトン(メラニー・ウィルクス)役/オリヴィア・デ・ハヴィランド

オリヴィア・デ・ハヴィランド

オリヴィア・デ・ハヴィランド

出典:Wikipedia

アシュリーの妻(2人はいとこ同士)。とても優しい女性で、誰にでも愛を注ぐ慈悲深い人物。スカーレットが夫アシュリーに好意を寄せるも、そのことには気づいていない(当然、スカーレットにも非常に優しい)。

マミー役/ハティ・マクダニエル

ハティ・マクダニエル

ハティ・マクダニエル

出典:Wikipedia

スカーレットの実家(オハラ家)で使われている黒人奴隷。スカーレットの乳母で、スカーレットのことを思うがゆえにちょっと口やかましい面もある。

まとめ

今回は、映画「風と共に去りぬ」の配信停止理由と共に、本作のキャストやあらすじをご紹介しました。配信停止理由は、本作に描かれている人種差別問題が原因でした。キャストは、主要と思われる5人。

  • ヴィヴィアン・リー
  • クラーク・ゲーブル
  • レスリー・ハワード
  • オリヴィア・デ・ハヴィランド
  • ハティ・マクダニエル

をご紹介しています。本作のあらすじは、絶世の美女スカーレット・オハラが南北戦争下で強く生きていくというものでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です